TOP > 上映中の映画作品を探す > イヴちゃんの花びら

気ままな夏を過ごす若い娘の姿を描く。脚本は「字能鴻一郎の濡れて打つ」の木村智美、監督は「3年目の浮気」の中原俊、撮影は「女高生日記 乙女の祈り」の米田実がそれぞれ担当。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

避暑地を気ままに旅する二十歳のイヴは、無精髭のダサイ男、東吉に一目惚れされてしまい、通りかかったサーフボードを積んだ車に乗せてもらう。運転していたユタカは行くあてもないイヴを、ケンジやジルの待つ貸別荘に連れて行く。ケンジは、サーフボードを金に替えれば3億円だと呟くが、イヴには何のことか分らない。その夜、ケンジはイヴと、ユタカはジルと体を重ねる。みんなが眠ってしまうと、イヴはボードを抱え、海を目指して歩き出す。河原で寝袋の中にいた東吉と再会したイヴは、彼の人の好さに惹かれ、その晩は一緒に眠った。翌日、二人は浜辺に行くが、そこは人で溢れており、イヴは東吉とバイバイしてしまう。ある屋敷の前を通りかかったイヴは、その家の主人、岡原に声をかけられ、そこに泊ることになる。家には喜美子という十八歳のお伝いがおり、岡原の世話をしていた。その夜、イヴは岡原のテクニックで何回も果てた。翌日もやっかいになることになり、又も岡原とドッキングするが、気が付くと、横に全裸の喜美子が立って笑っている。実は岡原と喜美子は実の父娘で、イヴは近親相姦の刺激剤として利用されたのだ。屋敷を飛び出したイヴは東吉と会い、他人の別荘のプールで激しく求め合った。日が暮れ、眠っていたイヴがプールサイドで目覚めると、東吉の姿はなく、プールに浮くサーフボードから白い紛が流れていた。そして、ボードの上に東吉の電話番号が記されてあった。

作品データ

製作年 1984年
製作国 日本
配給 にっかつ
上映時間 65
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

プロデューサー 沖野晴久
企画 半沢浩
脚本 木村智美
監督 中原俊
撮影 米田実
音楽 山川繁
美術 沖山真保
録音 中山義広
照明 内田勝成
スチール 田中欣一
編集 奥原好幸
助監督 村上修

キャスト

イヴ イヴ
ジル 太田あや子
喜美子 木築沙絵子
岡原 花上晃
東吉 金田明夫
ユタカ 掛田誠
ケンジ 長江洋平
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/28更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > イヴちゃんの花びら