映画-Movie Walker > 作品を探す > 化粧

京都の老舗の料亭を舞台に、そこの女将と美しい三姉妹がくり広げる様々な生き方を描く。渡辺淳一原作の同名小説の映画化で、脚本は「魚影の群れ」の田中陽造、監督は「無宿人御子神の丈吉 黄昏に閃光が飛んだ」の池広一夫、撮影は「きつね」の坂本典隆がそれぞれ担当。

3/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

京都・原谷。料亭・蔦乃家の三姉妹、頼子、里子、槙子と女将のつねが、里子の夫で婿養子の菊雄を交え桜の咲き乱れる中、甘酒を飲んでいる。一行は二十歳で自殺した頼子の双子の・姉・鈴子の墓参りの帰りであった。忘れ物をして墓に戻った頼子は、そこで鈴子を自殺に追いやった男・熊倉と出逢う。鈴子の分身であった頼子にとって、彼は心底憎い男だった。つねは幾代も続いた老舗・蔦乃家の娘で芸妓となり、やがて京大の助手をしていた青年と恋をした。彼女は青年の子を宿していたが、生木を裂くようにして別れさせられ、生まれたのが鈴子と頼子である。そして、婿をとったつねは、里子と槙子を儲けるが、夫は幼い子供たちを残して他界したのだった。東京・銀座でクラブ・アジュールのママをしている頼子のもとに、熊倉が現われる。彼は昔、祇園で遊んでいた頃と変り、商売に失敗し落魄れはてていた。蔦乃家の若女将である里子は、男らしさに欠ける菊雄に満たされないものを感じていた時、東京のコンピュータ企業の専務・椎名と出会う。七月、里子は椎名に逢うため、友人の結婚式を口実に上京し、愛を確かめあった。槙子は、東京の女子大で気ままな学生生活を送っていたが、マリファナを吸った容疑で警察に捕まり、実家に戻される。熊倉がある晩、大協デパートの経営者秋山を連れてアジュールにやって来た。数日後、彼に呼び出された頼子は、秋山と一晩だけつきあってくれと懇願される。それは、熊倉が大量に買いつけた品物を、秋山が買い取ってくれるための条件であった。復讐心の湧いた頼子は、熊倉との取引きをやめたら、一度だけいうことを聞くと秋山に告げた。里子との仲を知られた椎名は、マニラにとばされたが、里子は椎名の子を身篭っていた。槙子が銀行の頭取の息子小泉志郎と結婚することになり、結納を交わした日の夜、里子は、つねにお腹の子の父親を打ちあけた。驚いたつねは怒り彼女を許さなかった。里子は家を出て、自力で子供を育てる決心をする。頼子は店の改築を頼んだ若いデザイナー日下に好意を持つ。熊倉が自殺したと知らされた日、彼女は日下と結ばれた。数日後、日下が熊倉の息子だと知った頼子は、激しい自責の念に襲われ京都に戻り、滝にうたれるのだった。菊雄は蔦乃家から出たいとつねに頼んだ。春になり、桜見物に出かけたつね、頼子、槙子のもとに、男の赤ん坊を抱いた里子が現われ、つねと和解するのだった。

見たい映画に
登録した人
3

作品データ

原題 Make-Up
製作年 1984年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 136
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 池広一夫
製作 脇田雅丈
プロデューサー 小坂一雄
原作 渡辺淳一
脚本 田中陽造
脚色 長尾啓司
撮影 坂本典隆
音楽 池野成
主題曲 松坂慶子
美術 西岡善信重田重盛
編集 後藤彦治
録音 島田満小尾幸魚
スチール 金田正
助監督 長尾啓司
照明 八亀実

キャスト

蔦野頼子 松坂慶子
蔦野里子 池上季実子
蔦野槙子 和由布子
蔦野つね 京マチ子
蔦野菊雄 柄本明
日下 中井貴一
梅善堂 曽我廼家明蝶
大野 穂積隆信
カーミラの老主人 三木のり平
秋山 中尾彬
小泉志郎 井上純一
中田 滝田裕介
庄司 林ゆたか
平井教授 鈴木瑞穂
小泉志郎の父親 内藤武敏
小泉志郎の母親 南風洋子
椎名 竹脇無我
熊倉 伊丹十三
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

ジョン・ウィック:パラベラム
ジョン・ウィック:パラベラム

最強の殺し屋の壮絶な復讐劇を描いたキアヌ・リーブス主演のアクションシリーズ第3弾

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 化粧