TOP > 上映中の映画作品を探す > 襲われる女教師

レイプされたことが原因で恋人とも別れ、その傷を、セックスでうめようとする女教師の姿を描く。脚本は「宇能鴻一郎の姉妹理容室」の桂千穂、監督は「黒い下着の女」の斉藤信幸、撮影は「恥辱の部屋」の野田悌男がそれぞれ担当。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

某高校の音楽教師を勤める英子は、大学時代にレイプされたことがあり、それが原因で恋人とも別れ、その傷を愛のないセックスで癒そうとしている。ある日、英子は同僚の白石に車で送ってもらうが、彼は車を空地に停めると、ウィスキーの小瓶をあおり、激しく彼女を求めた。最初は無抵抗だった英子だが、理性を失いかけた白石に嫌気がさし、車から降りてしまう。翌日、非礼を詫びる白石にレストランに誘われた英子は、そこで、別れた恋人の今井に出会い、電話番号を教えると、そのまま別れた。英子は白石に何度もプロポーズされており、気持ちは傾いているのだが、最後の踏ん切りがつかない。セックス・フレンドの純一との快楽にも心の空白は埋められない英子は今井をアパートに呼び出した。その頃、学校では、登校してこない英子に白石は気をもんでいた。白石に思いを寄せている保健医の一美は、そんな彼の姿にほくそ笑んでいる。一美にとって、英子と今井の再会は嬉しい出来事だった。三日後、英子と今井はまだベッドの中にいた。二人は、何十回ものセックスに耽けっていたのだ。妻子のある今井は、このまま二人で逃避行しようと言いだすが、英子は乗り気になれない。学生時代は憧れだった今井も、今では普通の男と変らなく見えてしまう。部屋から出ていく今井を、英子は見送ろうともしなかった。

作品データ

製作年 1983年
製作国 日本
配給 にっかつ
上映時間 68
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

プロデューサー 秋山みよ
企画 進藤貴美男
脚本 桂千穂
監督 斉藤信幸
撮影 野田悌男
選曲 細井正次
美術 金田克美
録音 伊藤晴康
照明 木村誠作
スチール 野上哲夫
編集 井上治
助監督 児玉高志
ピアノ指導 上野玲子

キャスト

津島恵子 風祭ゆき
今井雅代 朝吹ケイト
八坂ルリ子 聖ミカ
今井広之 添田聡司
白石信夫 下元史朗
山上昭 永田豪史
鈴川純一 川上伸之
菱田愛子 奥村樹里
大江一郎 丹治信恭
レイプマン 高木常吉
夏木一美 水木薫
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/27更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 襲われる女教師