映画-Movie Walker > 作品を探す > ピンクカット 太く愛して深く愛して

お色気サービス付きの床屋を経営しながら学校へも通う女子大生と、就職試験で失敗を繰り返す青年の恋を描く。脚本は「あんねの子守唄」の木村智美と「(本)噂のストリッパー」の森田芳光の共同執筆、監督も森田芳光、撮影は鈴木耕一がそれぞれ担当。

3/5
総評価数 2
レビュー 1
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

女子大生のまみは、大学へ通いながら亡くなった両親の家業の床屋を切り盛りしている。店は風俗嬢出身のみどり、ホステス出身の純子、ツッパリ娘あがりの智枝などが超ミニスカートで働き、若い男性が集まり大繁盛している。その店に、就職試験を明日に控えた大学生の明がやってきた。明は試験のことも忘れ、この店の雰囲気に酔ってしまい、親友の巧に報告する。明には由加という恋人がいて、試験の前日には「ガンバッテネ」とセックスをしてくれるが、ことこどく落ちるので彼女はあきれはてていた。一方、まみは単位不足、出席日数不足を教授の田島と関係することで切り抜けており、体を重ねるたびに「つらいわ」と呟いた。由加の小言がうっとおしくてならない明は、まみの店に通うようになり、ある晩、二人っきりになったとき、彼女に迫って店から追い出された。そんなケジメのあるまみは、智枝がスペシャルサービスをやってチップを請求するので、度が過ぎると注意する。しかし智枝は「刺激だけしといて、サッパリさせないのは中途半端だ」と反論し、まみはドキリとさせられる。客の中には、淫らな妄想から思わず夢精してしまう変態な青年もいたのだ。悩むまみは、明に電話をすると、先日のことは気にしていないことを話し、家に呼ぶと体を重ねた。同じ大学に通っていることも分り、二人の仲は一層親密となった。数日後、明を見限った由加が新しいボーイフレンドを紹介しにやってくるが、生意気なその男を、明は殴り飛ばしてしまう。春が近づき、卒業が間近になったころ、明は一流企業のET電機への入社が決まった。しかし、明はまみの前で入社通知を破ると、彼女の店へ入社したいと言うと同時に、結婚を申し込んだ。数日後、レオタード姿で働くまみや智枝たちの間を、ハデなアロハで動き回る明がいた。

見たい映画に
登録した人
2

作品データ

製作年 1983年
製作国 日本
配給 にっかつ
上映時間 68
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 森田芳光
プロデューサー 中川好久
脚本 木村智美森田芳光
企画 進藤貴美男小松裕司
撮影 鈴木耕一
選曲 佐藤富士男
美術 中澤克巳
編集 川島章正
録音 小野寺修
スチール 目黒祐司
助監督 金子修介
照明 矢部一男

キャスト

軽部まみ 寺島まゆみ
篠原由加 井上麻衣
村里みどり 渡辺良子
丸山智枝 山口千枝
新井純子 山地美貴
岸田峰子 麻生みちこ
友永明 伊藤克信
江川巧 佐藤恒治
田島頼三 山田克朗
藤堂圭介 小林宏史
今日珠実
奈々 浅紫ことみ
客A 高橋仁
客B 佐藤正悦
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
決算!忠臣蔵
決算!忠臣蔵

堤真一演じる大石内蔵助が予算内での討入りを達成すべく奮闘する時代劇コメディ

アナと雪の女王2
アナと雪の女王2

2014年に日本公開されたディズニーの人気アニメーション『アナと雪の女王』の続編

アイリッシュマン
アイリッシュマン

マーティン・スコセッシ監督×ロバート・デ・ニーロ主演、実在した殺し屋の半生を描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ピンクカット 太く愛して深く愛して