映画-Movie Walker > 作品を探す > 赤いスキャンダル 情事

夫の出張中に、高級娼婦として官能の世界に溺れる女の姿を描く。脚本は「絶頂姉妹 堕ちる」のいどあきお、監督は「雪華葬刺し」の高林陽一、撮影は「あんねの子守唄」の山崎善弘がそれぞれ担当。

4/5
総評価数 2
レビュー 0
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

京都に住む大学教授の戸田とゆう子夫婦は、二回りも年が違うがとても仲がいい。ある日、夫の用事で出版社の町田と会うために上京したゆう子は、とあるブディックで何かに憑かれたように万引をしてしまう。店員に見つかったゆう子は、東京に住むかつての同級生、邦子の住所と名前を言ってしまう。数日後、邦子から脅しの電話が入り、夫が北陸に講師として出張する火曜日に上京することを命じられた。邦子は館と呼ばれる高級娼婦館へ強引に連れて行った。美しく貞淑な人妻のゆう子に嫉妬する邦子は、彼女を堕とすことを計画していた。品のいい紳士がゆう子を指命すると、抵抗する彼女を無理矢理に犯した。呆然とするゆう子は、京都に戻っても、館のことが忘れられず、夫との交りにも異常に興奮してしまう。ゆう子は、火曜日のたびに上京するようになった。“火曜日の女”と客の評判となったゆう子は娼婦の生活に酔った。一方、明るくなったゆう子に不審を抱く戸田は興信所に行動を探らせるが、報告書は読まず、変貌した彼女との性生活を楽しんだ。また、ゆう子に好意を寄せる町田は、彼女が館で評判の女らしいと友人に聞き、嗜虐的な感情が湧き、京都の戸田に“火曜日の女”と遊ばないかと誘う。上京した戸田は館を訪れ、そこでゆう子と対面した。怒りがこみあげた戸田はゆう子をズタズタに打ちのめし、犯すが、やがてお互いに理解し合うかのように微笑を交わした。外で待っていた町田に、戸田は、「女は妻ではなかった」と話す。次の火曜日、町田は館を訪ね、“火曜日の女”を指命するが、女はもう辞めてしまったという。京都では、戸田夫婦がなにもなかったかのように生活していた。

見たい映画に
登録した人
1

作品データ

製作年 1982年
製作国 日本
配給 にっかつ
上映時間 76
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 高林陽一
プロデューサー 岡田裕山田順彦
脚本 いどあきお
撮影 山崎善弘
音楽 佐藤富士男
美術 坂口岳玄
編集 西村豊治
録音 信岡実
スチール 井本俊康
助監督 瀬川正仁
照明 加藤松作

キャスト

戸田ゆう子 水原ゆう紀
片倉邦子 泉じゅん
マダム 戸川昌子
佐竹とみ子 水木薫
女店員 中野久美子
戸田雄一郎 西沢利明
町田良平 南城竜也
石崎達夫 八雲大
影山 鶴田忍
編集長 浜口竜哉
頭取ふうの男 草間璋夫
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 赤いスキャンダル 情事