TOP > 上映中の映画作品を探す > 赤い帽子の女

超インフレに悩む一九二三年のドイツを舞台に、赤い帽子の女に魅せられた日本人青年の姿を描く。芥川龍之介の作ではないかと言われる、作者不詳の同名小説の映画化で、脚本は「水のないプール」の内田栄一、監督は「鳴呼!おんなたち 猥歌」の神代辰巳、撮影は「誘拐報道」の姫田真佐久がそれぞれ担当。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

史上最悪のインフレの中でナチスが台頭しつつある一九二三年のドイツ。男は先輩、東野の誘いでミュンヘンに向った。東野によると、街は退廃的な気分に包まれ、外国の金があればやりたい放題のことができるという。男はそこで、赤い帽子をかぶった女と出会い、すぐに魅せられてしまう。女はハリウッドに憧れる映画俳優と同棲しているが、奔放に振舞い、いつしか男とも関係を結ぶようになった。その後、女の心はレースの選手へ移り、男と二人の奇妙な生活が始まった。一方、東野は何人もの娼婦をはべらせ、セックスに明け暮れる日々を送っていた。やがて、女は元貴族だったという父の残した郊外の古城に移り住んだ。ここで、男は初めて女と一対一の関係を持つことができた。男は何もかも忘れ、肉欲に溺れた。その頃、街にはハーケンクロイツが立ち並び、ヒトラーの“ミュンヘン一揆”の直前でもあった。そして女は、自信に満ちたナチス将校に心を移し、男の前から姿を消していった。呆然とする男は、“赤い帽子の女”は何んだったのだろうと自問する。ドイツも女も破滅に向って突き進んでいるようだった。男は東野の下宿を訪ねると、彼は首を吊って息絶えていた。足下には、東京に大地震!! 関東大震災を報じる新聞が置いてあった。みんな滅びた。東京もいま、がれきの下でもがいている。

作品データ

製作年 1982年
製作国 日本
配給 日本へラルド
上映時間 104
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/29更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 赤い帽子の女