TOP > 上映中の映画作品を探す > 肉奴隷 悲しき玩具

大邸宅のサディスティックな主人に仕えるマゾヒストとして調教されたメイドの姿を描く。脚本は佐伯俊道、監督は「団鬼六 蒼い女」の藤井克彦、撮影は「5時から9時まで 女新入社員」の米田実がそれぞれ担当。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
2

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ナミは某病院理事をしている桜庭慎一郎の家に、給仕兼セックス奴隷として仕えている。ある日、邸内に住む桜庭の愛人、真理子の紹介で、コックの尭夫がやって来た。この家には、下半身不随の桜庭の娘、彩がおりナミになついていた。数日後、尭夫の部屋に悩ましいネグリジェ姿の真理子が入ってきた。豊満な真理子の体に、若い尭夫は理性を押えきれずむしゃぶりついていく。翌晩、ナミは尭夫を倉庫に連れて行くように命令され、二人が入って行くと、桜庭と真理子は縛り上げてしまう。昨夜のことを桜庭は承知でやらせながら、尭夫を責めた。数日後、花火大会が行なわれ、裸で縛られるナミの足元にネズミ花火が襲う。そして、桜庭と真理子はナミのアヌスに太い花火を刺し込んで人間ロケットを楽しんだ。毎日、倉庫に食事を運ぶナミは、尭夫に同情を抱き、股間のモノをやさしく口に含んだ。その時、桜庭と真理子が入って来た。残忍な笑いを浮かべる二人はナミに鞭を渡すと、尭夫を叩くように命じる。マゾのナミにとって、サドの立場は辛かった。しかし、叩かれる尭夫の表情には妖しい輝きが浮かぶ。真理子が部屋に戻ると、憎悪に顔を歪めた彩が車椅子ごと彼女にぶつかった。真理子は壁に叩きつけられる。次に、彩は倉庫から出て来たナミと尭夫に向って突っ走った。車椅子は尭夫の体をはね飛ばした。ナミは呆然と立ちつくし、車椅子から落ちた彩は目にいっぱいの涙を浮かべていた。

作品データ

製作年 1982年
製作国 日本
配給 にっかつ
上映時間 68
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

プロデューサー 佐々木志郎山田耕大
脚本 佐伯俊道
監督 藤井克彦
撮影 米田実
選曲 小野寺修
美術 金田克美
録音 信岡実
照明 矢部一男
スチール 目黒祐司
編集 山田真司
助監督 児玉高志

キャスト

ナミ 松川ナミ
白木真理子 江崎和代
桜庭彩 伊藤京子
青柳尭夫 隈本吉成
桜庭慎一郎 江角英
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/30更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 肉奴隷 悲しき玩具