TOP > 上映中の映画作品を探す > 女教師狩り

美貌の女教師と、強姦事件の噂の中で傷つく教え子たちの関係を描く。脚本は斎藤博、監督は「宇能鴻一郎の濡れて騎る」の鈴木潤一、撮影は「キャバレー日記」の前田米造がそれぞれ担当。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

女教師・坂谷島子が担任する生徒、大介がクラスメートの緑を強姦したという通報が入った。新学期が終ろうとする頃、大介は事実を調べる島子に退学届を出すと、放送室にいた緑を犯した。大介は、身に覚えのない噂を流したのは緑と誤解していたからだ。島子は夏休みに入ると、妻子ある雑誌の編集者、一郎と避暑地の別荘で情事に耽っていた。その頃、同じ避暑地に大介も来ており、テキ屋の政治郎と情婦の今日子のところに転がり込んだ。一方、緑は同じ放送委員の良夫が、大介と緑の仲をねたんで、嘘の通報をしたことを知る。そして、良夫に犯されそうになった緑は、ビールびんを頭に叩きつけた。翌日、良夫のケガで駆けつけてきた島子は、すべての事情を知らされる。緑は大介を疑った島子をなじった。島子は自分の責任の重さと寂しさから、避暑地に向い、一郎に身をまかせた。島子は大介を捜し執拗に学校に戻るように説得する。大介は、今までの怒りをぶつけるかのように島子を犯した。ボロボロに服を引き裂かれた島子の姿に大介の怒りは徐々に解けていく。二学期が始まり、大介も学校に復帰する。大介は良夫に対する怒りも薄れていたが、緑は良夫を許せなかった。大介はそんな緑を押し倒すと、良夫に犯させた。いつのまにか降りだした雨に、三人の体は洗われるようだった。

作品データ

製作年 1982年
製作国 日本
配給 にっかつ
上映時間 66
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

プロデューサー 林功
企画 成田尚哉
脚本 斎藤博
監督 鈴木潤一
撮影 前田米造
音楽 甲斐八郎
美術 金田克美
録音 伊藤晴康
照明 矢部一男
スチール 井本俊康
編集 西村豊治
助監督 金子修介

キャスト

島子 風祭ゆき
伊藤京子
今日子 梓ようこ
大介 井上肇
良夫 石神一
一郎 錆堂連
政治郎 石山雄大
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/24更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 女教師狩り