TOP > 映画作品を探す > 象のいない動物園

第二次大戦中の昭和十八年、上野動物園の数多くの動物たちが殺された。やがて終戦を迎え、この事を知った子どもたちが、象を見たいと呼びかけ、インドからインディラという象を迎えるまでを描くアニメーション。脚本は「上海バンスキング(1984)」の斎藤憐、監督は「11ぴきのねこ」の前田庸生がそれぞれ担当。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

敗戦の東京の町。戦争で父親と母親を亡くしたヒデ(十二歳)とミヨ子(六歳)、ヒデは靴みがきをしながらミヨ子を育てていた。ヒデは昔、両親に連れていってもらって見た上野動物園の象をどうしてもミヨ子に見せたくて、動物園に連れていったが、象の姿はなかった。象係の三吉さんにきいたところ、象のトンキーは戦争のために殺されたという。最初、トンキーはエサに毒を入れられたがそれを食べず、次に注射で殺されそうになったが、それもきかなかった。そこでエサを与えられず餓死させられた。ヒデはそれでもミヨ子に象を見せたくて、名古屋動物園にいくことを決心した。一所懸命に働き、お金をためるヒデ。そして象に会いに行こうとした日、大切なお金が盗まれてしまった。そんなとき、上野動物園にインドから象がやってくるというニュースを聞いた。インディラと名付けられた象は、大勢の人々に出迎えられ、行進する。その中にはヒデとミヨ子の顔もあった。

作品データ

原題 Zoo with no Elephant
製作年 1982年
製作国 日本
配給 ヘラルド・エンタープライズ
上映時間 79
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

製作 古川博三田代敦巳
プロデューサー 宇田川東樹
企画 篠崎順伊藤正昭
脚本 斎藤憐
監督 前田庸生
撮影 森山一
作詞 荒木とよひさ
作曲 クニ河内
美術 田中静恵
編集 古川雅士
音響効果 明田川進柏原満
絵コンテ/ストーリーボード 青木稔
ナレーション 常田富士男

キャスト

ヒデ 野沢雅子
ミヨ子 松金よね子
三吉 常田富士男
トモ 丸山裕子
池田さん 村越伊知郎
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/10更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > 象のいない動物園