映画-Movie Walker > 作品を探す > 駅/STATION

オリンピックの射撃選手であり、警察官でもある一人の男と、事件を通して彼の心を通り過ぎていく女たちを描く。脚本は「冬の華」の倉本聰、監督は「仕掛人梅安」の降旗康男、撮影は「復活の日」の木村大作がそれぞれ担当。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 23
レビュー 2
投票 21
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 87% (7)
星4つ 100% (8)
星3つ 87% (7)
星2つ 12% (1)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

--1967年1月 直子-- その日、警察官の英次は雪の降り続く銭函駅ホームで、妻の直子と、四歳になる息子義高に別れを告げた。離婚を承諾した直子は、動き出した汽車の中で、英次に笑って敬礼するが、その目には涙が溢れていた。苛酷な仕事と、オリンピックの射撃選手に選ばれ合宿生活が続いていたことも原因であった。その頃、英次の上司、相馬が連続警察官射殺犯“指名22号”に射殺された。中川警視の「お前には日本人全ての期待がわかっている」との言葉に、犯人を追跡したい英次の願いは聞き入れられなかった。テレビが東京オリンピック三位の円谷幸吉の自殺を報じていた。「これ以上走れない……」英次にその気持が痛いほどわかった。 --1976年6月 すず子-- 英次の妹、冬子が、愛する義二とではなく、伯父の勧めた見合の相手と結婚した。英次は、妹の心にとまどいを覚え、義二は結婚式の夜に荒れた。その頃、英次はオリンピック強化コーチのかたわら、赤いミニスカートの女だけを狙う通り魔を追っていた。増毛駅前の風侍食堂につとめる吉松すず子の兄、五郎が犯人として浮かんだ。すず子を尾行する英次のもとへ、コーチ解任の知らせが届いた。スパルタ訓練に耐えられなくなった選手たちの造反によるものだ。すず子はチンピラの雪夫の子を堕すが、彼を好きだった。しかし、雪夫にとって、すず子は欲望のハケロでしかなく、英次が警察官と知ると協力を申し出た。雪夫は結婚を口実にすず子を口説いた。すず子は、刑事たちの張り込みに気づいていながらも、愛する雪夫を兄に会わせたく、隠れている町へ案内した。そして、英次の前に吉松が現れたとき、すず子の悲鳴がこだました。 --1979年12月 桐子-- 英次のもとに旭川刑務所の吉松五郎から、刑の執行を知らせる手紙が届いた。四年の間、差し入れを続けていた英次への感謝の手紙でもあった。英次は故郷の雄冬に帰ろうと、連絡船の出る増毛駅に降りた。風待食堂では相変らず、すず子が働いていた。雪夫は結婚したらしく、妻と子を連れてすず子の前を通り過ぎて行く。舟の欠航で所在無い英次は、赤提灯「桐子」に入った。女手一つで切り盛りする桐子の店だが、三十日なのに客も来ない。テレビでは八代亜紀の「舟唄」が流れている。「この唄好きなのよ」と桐子は咳いた。自分と同じく孤独の影を背負う桐子に、いつしか惹かれる英次。大晦日、二人は留萌で映画を観た。肩を寄せ合って歩く二人が結ばれるのに時間はかからなかった。英次は、初詣の道陰で桐子を見つめる一人の男に気づく。英次が雄冬に帰りついたのは、元旦も終ろうとしている頃だ。そこで、十三年ぶりに電話をかけて直子の声を聞いた。池袋のバーでホステスをしているという。雄冬の帰り、桐子は、札幌へ帰る英次を見送りに来ていた。その時、“指名22号”のタレ込みがあり、英次は増毛に戻った。手配写真と、桐子を見つめていた男の顔が英次の頭の中でダブル。桐子のアパートで22号は、英次の拳銃で撃ち殺された。警察に通報しながら22号をかくまっていた桐子。札幌に戻る前、英次は桐子を訪ねた。英次に背を向け「舟唄」を聞き入る彼女の顔に涙が流れている。英次は気づかない。英次は札幌行きの列車に乗った。

見たい映画に
登録した人
19

作品データ

原題 Station
製作年 1981年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 132
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 降旗康男
製作 田中壽一
脚本 倉本聰
撮影 木村大作
音楽 宇崎竜童
美術 樋口幸男
編集 小川信夫
録音 田中信行
スチール 石月美徳
助監督 山下賢章
照明 望月英樹
題字 益川進
製作担当 徳増俊郎
殺陣 宇仁貫三
製作協力 田中プロモーション

キャスト

三上英次 高倉健
三上直子 いしだあゆみ
三上義高 岩淵建
高田 名古屋章
相場 大滝秀治
相場・夫人 八木昌子
中川警視 池部良
三竹 潮哲也
力石 寺田農
坂口 渡会洋幸
国富 高橋雅男
テレビアナウンサー 榎本勝起
吉松すず子 烏丸せつこ
吉松五郎 根津甚八
木下雪夫 宇崎竜童
三上昌代 北林谷栄
三上一郎 藤木悠
三上道夫 永島敏行
三上冬子 古手川祐子
伯父 今福将雄
昌一 名倉良
菅原 田中邦衛
菅原弟・義二 小松政夫
草野大悟
西田 片岡五郎
大田黒警視 平田昭彦
留萌署長 織本順吉
留萌次長 山本清
小川刑事 鬼雷太
辰巳刑事 小林稔侍
加賀刑事 浜田晃
島田刑事 橋本功
坂上係官 青木卓
巡査 石山雄大
風待食堂の女中 園めぐみ
新妻旅館の女中 谷本小夜子
桐子 倍賞千恵子
森岡茂 室田日出男
本庄良介 阿藤海
良介の母 村瀬幸子
良介の仲間 風間健
対策本部長 佐藤慶
係官 西川明
列車の客 武田鉄矢
増毛駅員 山本紀彦
新妻旅館の女中 塩沢とき
山とりの男 南雲勇助
留萌の巡査 大谷進
留萌の巡査 村添豊徳
留萌の巡査 佐山泰三
取調べの刑事 梅野泰靖

レビュー

SLすずらん

投稿者:ドラ猫

(投稿日:2006/10/02)

北海道の深川から増毛までの留萌線。 途中の幌糠が、SLすず…

[続きを読む]

支持者:1人

『午前十時の映画祭』(207作品)

八月の鯨(ニュープリント版)
八月の鯨(ニュープリント版) (2013年2月16日公開)

小さな島のサマー・ハウスで夏を送る老姉妹の日常生活を描く人間ドラマ

幕末太陽傳(デジタル修復版)
幕末太陽傳(デジタル修復版) (2011年12月23日公開)

川島雄三監督×フランキー堺主演、1957年に公開された同名作のデジタル修復版

ブラック・サンデー
ブラック・サンデー (2011年2月5日公開)

トマス・ハリスの同名小説の映画化、国際テロ組織とイスラエル特殊部隊の攻防を描く

  • ひまわり(1970) (2005年2月26日公開)

    ソフィア・ローレン×マルチェロ・マストロヤンニ主演のラブ・ストーリー

  • 夜叉 (1985年8月31日公開)

  • 卒業 (1968年6月8日公開)

  • 山猫 (1964年1月18日公開)

  • (1963年7月5日公開)

  • 裏窓 (1955年1月29日公開)

  • 浮雲 (1955年1月15日公開)

最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 駅/STATION

ムービーウォーカー 上へ戻る