映画-Movie Walker > 作品を探す > 獣たちの熱い眠り

恐喝組織の網にかかって選手生活から追放されたプロテニスの花形プレーヤーの復讐を描く。勝目梓の同名の小説の映画化で、脚本は「蘇える金狼」の永原秀一、監督は「野獣死すべし(1980)」の村川透、撮影は「ヨコハマBJブルース」の仙元誠三がそれぞれ担当。

5/5
[?]評価方法について
総評価数 2
レビュー 0
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 100% (1)
星3つ 0% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

プロテニスの花形プレーヤー三村浩司は親友、中田が長崎で新設したテニスクラブのコート開きに顔を出した。その晩、何軒か飲み歩いた三村は、鳥飼陽子の店「トパーズ」で同席したジューンという女と一夜を伴にした。マゾ的な彼女を責める三村。帰京した三村に岸井という男が訪ねてきた。岸井は三村とジューンのSMプレイのような情事の写真を三千万円で買えと迫る。数日後、三村は岸井に再会すると、百万円だけ渡し、徹底的にブチのめした。翌週の週刊誌は三村のスキャンダルで沸いた。そして、三村のプレーヤー資格は停止となった。三村は自ら事件を解決しようと、長崎へ飛んだ。ジューンのマンションは空室、さらに、中田が岸井らに脅迫され、一枚噛んでいたことも分かった。三村は陽子に釣りに誘われ、船上で岸井と配下の鈴木に襲われるが、返り討ちにすると、陽子にドロを吐かせた。何と、罠を仕掛けた背後に、三村のかっての恋人、清水孝子がおり、黒幕に、国会議員、黒柳の筆頭秘書、野々村の脅しグループがいることをつきとめた。その頃、野々村は三村の妹、真紀を誘拐していた。怒り狂う三村は、陽子のマンションに向うが、彼女は何者かに殺されており、逆に、三村は丸山刑事に殺人容疑で逮まってしまう。野々村が操作する秘密カジノに、岸井、孝子、丸山などが顔を揃えていた。彼らは狙った相手に女を抱かせ、恐喝するグループを組織しているのだ。真紀はそんな連中に輪姦され、そのショックで発狂していた。三村はすべてを失った。名誉、財産、そして大事な妹も。三村の凄絶な復讐が始まった。敵の仕掛ける罠を次々と突破、遂に組織の核心に迫った。そして、三村の怒りは、プロの殺し屋をも叩きのめし、野々村、岸井たちへの復讐を遂げた。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1981年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 111
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 村川透
プロデューサー 坂上順川口義宏
原作 勝目梓
脚本 永原秀一
企画 矢部恒荒井修
撮影 仙元誠三
音楽 速水清司
主題歌 来栖ANNA
美術 今村力
編集 祖田富美夫
録音 柿沼紀彦
スチール 加藤光男
スタント スリーチェイス
助監督 下村優
照明 渡辺三雄
テクニカルアドバイザー トビー門口

キャスト

三村浩司 三浦友和
三村真紀 なつきれい
鳥飼陽子 宇佐美恵子
清水孝子 風吹ジュン
岸井節男 石橋蓮司
斉田一郎 鹿内孝
鈴木 阿藤海
桜井 安岡力也
中田明夫 宮内洋
ジューン ダーレン
堀井 滝川潤
女トレーナー 吉行和子
不動産屋の男 佐藤蛾次郎
精神科医 山田光一
看護婦 伊藤慶子
週刊誌記者 川島一平
カメラマン 篠ゆたか
美人ホステス スーザン
マルチーズの女 水原ゆう紀
広告代理店の男 木村修
C・Mスタッフ 沢田浩二
エレベータの女 池波志乃
秘書 上田幸輔
白木 峰岸徹
滝田 草薙幸二郎
黒柳健策 中丸忠雄
野々山 成田三樹夫
丸山 中尾彬
深町 伊吹吾郎
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 獣たちの熱い眠り