TOP > 上映中の映画作品を探す > 連合艦隊 > レビュー

投稿レビュー(3件)連合艦隊は星3つ

やむを得ない (投稿日:2014年3月16日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

戦争はそれ自体が決してあってはならほないことだが、第二次世界大戦の日本はそのやる過程でもやってはいけない迷走を続けた感がある。
「もともとこの戦いは、やむを得ないから始まった。やむを得ないに始まり、やむを得ないに終わるか。」
という台詞はその象徴。考えさせられる。 »ガイドライン違反報告

投稿:mentaico00

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

本作、特撮技術としては、骨董品的価値あり! (投稿日:2009年8月2日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

 「戦ふも亡国、戦はざるも亡国。戦はずして亡びるは、民族の魂までも失ふ真の亡国なり。」これは、映画のナレーションによると、太平洋戦争への突入を決定した御前会議の席上、陸海軍統帥部を代表して自らの感慨を述べた長野軍令部総長の言葉だそうである。この言葉は一体何を意味するか。旧帝国海軍の上層部は戦争開始以前に既に対米戦争に負けることを予想していること、第二に、「民族の魂」なるものを実体化して、戦争をすることにより国体が維持されるという精神主義を称揚し、これを以って謂わば「亡びの美学」を唱えていることである。「武士道」の何たるかを説いた『葉隠れ』には、確か「犬死するな」と書いてあったように記憶するが、これは、当時の海軍部のトップが、結果として、「犬死論」を説き、国として二重・三重のねばり腰の対米外交を放擲することに同意し、「神州不滅」の国民を敗戦へと指導していったことにはならないか。本作は、こうして火蓋を切られた太平洋戦争における旧帝国海軍の海上実戦部隊の花形、「連合艦隊」の栄光と没落を物語るものである。

 太平洋戦争中、連合艦隊司令長官には四人がなっている。「軍神」山本五十六(1943年4月18日戦死!将棋で言えば、敵に王将を討ち取られた訳で、これで日本は事実上戦争には負けている)、古賀峰一(殉職:司令部移動中、太平洋上にて行方不明となる)、豊田副武(山本に言わせれば、「頑迷なる鉄砲屋」で、時代遅れの「大艦巨砲主義」の艦隊決戦主義者、任を解かれた後は軍令部総長として終戦を迎える)、小沢治三郎(戦史上画期的な空母集中型の「機動部隊」の生みの親ではあったが、終戦二カ月半前にようやく本職を得る。それで、その職にありながら、連合艦隊は既に壊滅してるという「歴史の皮肉」を甞めることとなる)である。映画では、しかし、長官としては山本に、戦争勃発前からその死までに焦点を当てている。それ以外では、むしろ、連合艦隊史ということから、真珠湾奇襲攻撃から戦艦「大和」の水上特攻まで、ミッドウェー海戦、レイテ沖海戦をその間に挟んでの「転戦」が基軸となり、この縦軸に、連合艦隊各参謀の上級将官、「本郷英一」やその弟「眞二」らに代表される下級士官や学徒兵、市井と下士官の階級を代表する海軍兵曹長「小田切武市」(この役を演じている財津一郎の、かなりクサイが、ツボをついた演技は一見したら忘れられない)、更に少年航空兵達が絡んで物語が展開する構成である。という訳で、本作は約二時間半の映画の長さに、約四年の太平洋戦争海戦史を凝縮し、更にこれに、上は長官から下は少年航空兵までの各レベルのエピソードを盛り込もうという、よく言えば、重層的なストーリー展開になっている。

 とは言うものの、映画というメディアとは、大河ドラマとは違って、ストーリー的には日本軍同様に「短期決戦」型の媒体であり、そのため、本作のストーリーの内容自体は焦点が分散された、底の浅いストーリーとなっている。やはり、危機の時代に生きた人間たちが紋切り型にしか描かれておらず、としか評価せざるを得ない。同じ問題点は、この3年後に、同じ東宝で撮った作品『零戦燃ゆ』についても言えることだろう。本作品の監督松林宗恵は既に1960年に『ハワイ・ミッドウェイ大海空戦 太平洋の嵐』を撮っており、二番煎じを避けて、また周知の「大和」の「轟」沈も思い切りカットし、語り尽くされたと言っていい「山本五十六」から視点をずらし、例えば、レイテ沖海戦に焦点を置き、更に歴史とストーリーの連続性のために宇垣纏に焦点を当てたストーリーを撮ってみては如何なものであろうか。宇垣は、山本長官の下で女房役の連合艦隊参謀長を務め、レイテ沖海戦にも参加、1945年8月15日には、玉音放送を聞いた後、11機の艦上爆撃機彗星を駆って、沖縄方面に死地を求めて飛んでいったという人間だったからである。

 さて、本作の特撮映像について最後に一言。CG技術時代の今から見ると、せっかくの模型を使った特撮シーンも随分と子供騙しのように見える。その意味で、このような「東宝特撮」技術はもはや時代遅れであり、骨董品的存在価値しかないであろう。だからといって、安っぽい、恣意と虚構の蔓延ったCG・シーンもいただけない。(あのアメリカ製の駄作『パール・ハーバー』を想起あれ!)やはり、金は掛かるだろうが、時事フィルムや戦争記録映画、更に他の戦争物劇映画からの安易な借用や流用を避けた、実物大のスケールのセットを使った、映画的映像作りをしてもらいたいものだ。
 
»ガイドライン違反報告

投稿:やまひで

評価:2
星評価

2人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

特撮映画ファンの性でしょうか。 (投稿日:2007年4月10日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

どうしても、こういう映画があると見てしまうのは、特撮映画ファンの性としか、いいようがない。前年の東映「二百三高地」の大ヒットにより東宝も特撮の本家の意地で作り上げた作品。(でも二百三高地も中野昭慶特撮監督)様々な家族が巻き込まれる姿と軍関係者の苦悩とミスの連続。特に今回は、レイテ突入作戦が描かれていることがポイントでしょうか。一連の軍の失敗は、結構描きつくされ、新たな資料でもないと面白くない感じがします。大和の大爆発もどんだけ火薬を使ったたんだと。大和がほとんど爆発で見えない。飛行機が爆発後、大和の煙を回るシーンのみ最高!他、流用と実写フィルム。日本映画で戦争物作る時は、流用と実写フィルム使用をやめて欲しいと真剣に思いました。 »ガイドライン違反報告

投稿:上海十月

評価:1
星評価

2人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

上へ戻る

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/24更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 連合艦隊 > レビュー

ムービーウォーカー 上へ戻る