映画-Movie Walker > 作品を探す > リトルチャンピオン

たった一人でアメリカへ渡り、多くの苦難を乗りこえ、結婚、出産、そしてボストン・マラソンに優勝した日本人女性を描く。ゴーマン・美智子の半生を綴った自伝『走れ!ミキ』を映画化したもので、脚本はリチャード・マーティニ、監督はグエン・アーナー、撮影は「最強最後のカラテ」の木村公明がそれぞれ担当。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ロサンゼルスの港に到着した貨客船から、若い日本女性、通称ミキことミチコ・スワが降り立った。日本の基地で働いていたとき知り合ったエドワードとアンのレーサム夫妻を頼ってきたのだ。一人娘のキャシーのベビー・シッターをやりながら英語を勉強するため学校へ行く予定だ。ところが、キャシーはすぐになついてくれたが、病気がちでヒステリックなアンが、夫とミキの仲を疑い、彼女を追い出してしまった。一人、途方にくれるミキは、安アパートを見つけ職さがしを始めた。そんなとき、ベニス・ビーチをジョギングするマイクと知り会った。マイクの誘いでミキも一緒に走りはじめる。そして、ロスのアスレチック・クラブが主催する一ヵ月間の走行距離を競うマラソンでミキは優勝する。仕事も見つかり、ミキとマイクは結ばれた。結婚式に日本から母を呼んでくれたマイクの心くばりにミキは泣いた。そして、マイクの子を宿して六ヵ月目にボストン・マラソンに出場したミキは、見事、優勝をはたした。子供も出産し、ミキは幸福の絶頂にあった。ところが、出産後のマラソンの成績は振るわず、競技を断念したミキは生彩がなくなった。そんなとき、マイクはニューヨーク・シティ・マラソンの出場をミキにすすめた。自信のないミキに、敗けたってぼくや子供がいると説得するマイク。セントラル・パークのゴールに待っていたマイクは先頭を走ってくるミキを認めた。そして、ミキはマイクの前でゴールを切るのだった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1981年
製作国 日本
配給 富士映画
上映時間 104
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

キャスト

マイク・ゴーマン クリス・ミッチャム
ミキ 島田陽子
ルー・ドスティー アンディ・ロマーノ
医師マイロン・シャピロ ドナルド・モファット
ミキの母 杉葉子
ホテルの女主人 コニー・ソウヤー
エドワード・レーサム ジェリー・ハーディン
アン・レーサム ヒルディ・ブルックス
キャシー・レーサム ジェニファー・ベック
ナンシー ウェンディ・フィリップス
レストランの客 ロバート・ブロイル
レストランの主人 シドニー・クルート
入国審査官 ジョン・ローナー
ニューヨーク・シティ・マラソンオフィシャル ルカ・バーコビッチ
パーティの客 バークレー・ノリス
パーティの客 クリスチーヌ・ディッキンソン
レポーター ビル・シャーケイ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > リトルチャンピオン