TOP > 上映中の映画作品を探す > もっと激しくもっとつよく

かって、妻子ある男と関係した女が、現在、その男と子供と関係していく中で、破滅していく姿を描く。脚本は「宇能鴻一郎の浮気日記」の鹿水晶子、監督は「ハードスキャンダル -性の漂流者-」の田中登、撮影は「ANO・ANO 女子大生の基礎知識」の森勝がそれぞれ担当。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

名門、鳥井坂家で、六十五歳になる当主の半蔵と孫ほども年の離れたマリの結婚披露パーティが開かれていた。パーティには、半蔵の跡取りの直道、妻の篝、親類付き合いをしている蒔枝博、圭子夫妻、その息子の達也がそれぞれの思惑を秘めて出席していた。十年前、篝は博と関係を結び、当時九歳だった達也に現場を目撃されていた。弱味を握られる篝は、十九歳に成長した達也に接近する。そこで、二人は殺したい人間を交換で殺そうと冗談を言いあった。達也は直道を、篝はある女を殺したいと話す。帰路、直道は篝の下半身をいたずらしながら車を運転していると、コンクリート壁に激突して死んでしまう。報せを聞いた達也は、冗談ではなかったと顔面蒼白となる。その後、交換殺人の緊張からか、篝と達也は逢瀬を重ね、激しく体を貧り合った。篝は、達也に近づくほど博との愛欲の日々を思い出し、ついに彼を昔と同じホテルへ呼び出した。篝との密会から遠ざかり、焦立つ達也に、彼女から連絡が入った。殺して欲しい女のいるホテルを教える篝。篝の体を思うと、恐ろしさも我慢して、達也は出刃包丁を持って部屋に向った。何と博もそこに呼び出されていた。部屋の中から「殺してもらいたいのは私です……」と声が洩れてきた。ドアを開けると、そこにはテープレコーダーから流れる篝の声と、傍に彼女の死体が横たわっていた。篝は自殺していたのだ。テープからは「二人の男を思う醜い私がいやになった……」と彼女の声が流れていた。

作品データ

製作年 1981年
製作国 日本
配給 にっかつ
上映時間 74
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

プロデューサー 村井良雄
企画 佐々木志郎
脚本 鹿水晶子
監督 田中登
撮影 森勝
音楽 甲斐八郎
美術 川船夏夫
録音 福島信雅
照明 矢部一男
スチール 井本俊康
編集 鍋島惇
助監督 上垣保朗
制作補 三浦増博

キャスト

篝(かがり) 川村真樹
蒔枝圭子 志麻いづみ
根々子 風間舞子
マリ 山地美貴
蒔枝達矢 山田辰夫
蒔枝博 大林丈史
鳥井坂直道 花上晃
鳥井坂光蔵 成瀬昌彦
若い男 上谷忠
少年時代の達矢 富島徹也
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/29更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > もっと激しくもっとつよく