映画-Movie Walker > 作品を探す > 魔性の夏 四谷怪談より

お馴染鶴屋南北の『四谷怪談』を青春群像ドラマとして映画化。脚本は「スローなブギにしてくれ」の内田栄一、監督は「海よお前が-帆船日本丸の青春-」の蜷川幸雄、撮影は「五番町夕霧楼(1980)」の坂本典隆がそれぞれ担当。

3/5
総評価数 5
レビュー 0
投票 5
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (1)
星1つ 25% (1)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ある夜、伊右衛門は、自分の旧悪を知っている妻、いわの父、四谷左門におどされ、闇討ちにした。その頃、伊右衛門の仲間の直助は、恋の遺恨から、佐藤与茂七を殺そうとした。しかし、殺されたのは、人違いで与茂七の仲間だったが、直助は気づかなかった。いわとその妹で与茂七の妻のそでは、父や良人を失って悲しむが、伊右衛門と直肋は、何喰わぬ顔で仇討の助太刀を約束する。しかし、伊右衛門といわの仲は次第にまずくなっていく。そんな生活の中で、伊右衛門は隣家の伊藤喜兵衛の娘、うめと恋仲になっていった。喜兵街は娘可愛さから、いわに毒薬を飲ますように伊右衛門をそそのかす。乳の出る薬と信じて毒薬を飲んだいわは、醜悪な顔と化していく。さらに伊右衛門は岡場所の主人、宅悦に間男まですすめ、うめと祝言をあげてしまう。そして、怨みの中で死んだいわを、伊右衛門は戸板に打ちつけ、川に流してしまう。それ以後、いわの怨霊が伊右衛門をはじめ、喜兵衛、うめにとりつき始めた。怯えた伊右衛門は狂ったように、喜兵衛、うめを斬り殺す。その頃、直助と夫婦暮しをしていたそでの所に、死んだと思っていた与茂七が現れた。与茂七は憎き直助に刀を向けるが、誤ってそでを斬ってしまい、彼女は哀れな最期をとげた。しかし、直助も与茂七の刀で斬り殺される。さらに、復讐の鬼と化した与茂七は、怯え狂う伊右衛門と対峙する。そして、凄絶な斬り合いで二人はともに絶命するのだった。

見たい映画に
登録した人
2

作品データ

製作年 1981年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 96
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 蜷川幸雄
製作 宮島秀司織田明
原作 鶴屋南北
脚本 内田栄一
撮影 坂本典隆
音楽 千野秀一
美術 芳野尹孝
編集 杉原よ志
録音 原田真一
スチール 金田正
監督補 仲倉重郎
照明 八亀実
時代考証 林美一

キャスト

伊右衛門 萩原健一
いわ 関根恵子
そで 夏目雅子
直肋 石橋蓮司
与茂七 勝野洋
宅悦 小倉一郎
おかみ 赤座美代子
左門 鈴木瑞穂
うめ 森下愛子
喜兵衛 内藤武敏
尾扇 石橋謙二郎
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 魔性の夏 四谷怪談より