TOP > 上映中の映画作品を探す > ジョエル・ピーター・ヴィトキン消し去れぬ映像

日本でも人気の高い写真家ジョエル・ピーター・ヴィトキンについてのドキュメンタリー。映画は彼が撮影し続けた写真の変遷と彼の創作風景を映し出す。ヴィトキンは奇形児や死体を写真に好んで使うが、彼は、「そうした“醜い”ものこそ美しいものである」、と語り、なぜなら彼らは唯一の個性的な外観をもっているからだ。ヴィトキンは助手と小鳥屋に行き、オウムを殺してその羽根だけを買いたいと言う。また死んだ馬をひらいて、コラージュする。ヴェラスケスの絵を思わせる小人を選別し、届けられた、半分に割られた男の頭部を使って、左右を合わせ、キスする頭部を作る。写真においてはすべてが可能なのだ、とヴィトキンは言う。監督は『Yves Saint Laurent』(日本未公開)などのジェローム・ド・ミソルツ、撮影はアリアーヌ・ダマン、編集はエリザベス・ジュスト、録音はパトリック・ジュネがそれぞれ担当。出演はジョエル・ピーター・ヴィトキンとシンシア・ヴィトキンほか。(ビデオ作品)

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

※本作はドキュメンタリーのためストーリーはありません。

作品データ

原題 Joel-Peter Witkin-L'image indelebile
製作年 1993年
製作国 フランス
配給 ユーロスペース
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/29更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > ジョエル・ピーター・ヴィトキン消し去れぬ映像