映画-Movie Walker > 作品を探す > 恋人たちの食卓

現代の台湾を舞台に、美しい三姉妹それぞれの恋愛模様が繰り広げられる1編。100種類以上にも及ぶ豪華な中華料理の数々が物語を彩る。監督・脚本・製作協力は前作「ウェディング・バンケット」のアン・リー。脚本はリーとワン・フィリン。共同脚本と製作協力は、「イン・ザ・スープ」のジェイムス・シェイマス。製作はシュー・リーコン、撮影はリン・ジョング。音楽は「ウェディング・バンケット」「イン・ザ・スープ」のマッダー、美術はリー・フーシンが担当。出演は「愛情萬歳」のヤン・クイメイ、「ゴッド・ギャンブラー 完結編」のウー・チェンリン、「青春神話」のワン・ユーウェン、「ウェディング・バンケット」のラン・シャンウィンストン・チャオほか。

4/5
総評価数 4
レビュー 0
投票 4
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (2)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

台北。一流ホテルの名シェフだったチュ氏(ラン・シャン)は、男手一つで3人の娘を育ててきた。長女のチアジェン(ヤン・クイメイ)は高校の教師、次女のチアチエン(ウー・チェンリン)は、航空会社に勤めるキャリア・ガール、三女のチアニン(ワン・ユーウェン)は、アルバイトに忙しい大学生。日曜日には家族全員が集まり、豪華な特製料理を囲むのが一家の習慣だったが、娘たちはこの晩餐が重荷で、ある日曜日、味にうるさい次女は父の味覚が衰えたと非難する。コックになりたかった彼女は、父に女には無理と道を絶たれたことを今でも恨んでいた。そんな折、小学生の娘と二人暮らしの隣人・チンロン(シリヴィア・チャン)の母で、未亡人のリャンおばさん(グァ・アーレイ)が米国から帰国。父のよい話相手になるのではと期待する三姉妹にも恋の季節がやってくる。差出人不明のラヴレターに、長女は新任のバレーボールのコーチ、ミンタオ(ルー・チンチョン)からだと胸をときめかす。次女は本社から来たエリート社員のリーカイ(ウィンストン・チャオ)にひかれる。三女はボーイフレンドのクオルン(チェン・チャオロン)とデートする。日曜日の晩餐の席で三女は「子供ができた。彼と暮らすわ」と爆弾発言、さっさと家を出た。一方次女はリーカイを大学時代に姉をふった男だと疑うが、それは姉の妄想だった。混乱した彼女は年来の恋人の元を訪れるが、彼には別の女がいた。件の長女のラヴレターは生徒のいたずらと分かり、悔しくて泣きじゃくる彼女をミンタオが優しく慰める。次の日曜日の晩餐、長女は「ミンタオと今朝、教会で結婚した」と告げ、彼女も家を出て行った。数週間後の日曜日。娘たちと夫たち、チンロンとリャンおばさんも招いての晩餐会で、今度は父が「チンロンと結婚する」と爆弾発言。さらに数カ月後の日曜日。近いうちにアムステルダムヘ支社長として旅立つ次女が、晩餐の準備をしている。次女のスープを口にして、チュ氏は味覚が戻ったことに気づく。父と娘は優しく手を取り合った。

見たい映画に
登録した人
7

作品データ

原題 Eat Drink Man Woman 飲食男女
製作年 1994年
製作国 台湾
配給 ヘラルド・エース=日本ヘラルド映画
上映時間 125
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

キャスト

朱(チュ氏=父) ラン・シャン
家珍(チアジェン=長女) ヤン・クイメイ
家倩(チアチエン=次女) ウー・チェンリン
家寧(チアニン=三女) ワン・ユーウェン
李凱(リーカイ) ウィンストン・チャオ
国倫(クオルン=三女のBF) チェン・チャオロン
明道(ミンタオ=長女の恋人) ルー・チンチョン
雷蒙(レイモン=次女の恋人) チェン・チエウェン
錦栄(チンロン=隣人) シルヴィア・チャン
梁(リャン=未亡人) グァ・アーレイ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 恋人たちの食卓