TOP > 上映中の映画作品を探す > 勝手に逃げろ/人生

72年の「万事快調」以来、政治的/実験的な映画に専念していた映画作家ジャン・リュック・ゴダールが商業映画に復帰し、「パッション(1982)」「カルメンという名の女」をはじめとする80年代以降の充実したフィルモグラフィーの幕開けとなった作品。新旧の作品の連続公開で再びゴダールが注目を集めているさなか、15年目にして正式に初公開された。これ以後のゴダール作品に繰り返し現れるスイス・レマン湖畔の美しい自然を背景に、3人の男女の出会いと別れを描く。70年代のゴタール作品で追求されてきたコミュニケーション、労働、性、権力、家族制度といった主題が、スローモーションとストップモーションを多用した瑞々しく、躍動感溢れる映像でつづられている。奇妙な題名は二重の題名のモンタージュで、観客に第三の題名の創造を示唆しているという。「-1=勝手に逃げろ」「0=人生」という導入部に続く、「1=創造界」「2=不安」「3=商売」「4=音楽」の4つの章で構成されている。クレジットはcomposer=構成者となっているゴダール自身の原案を、公私に渡るパートナーであるアンヌ・マリー・ミエヴィル、ルイス・ブニュエル作品などで知られるフランスを代表する脚本家ジャン・クロード・カリエールの共同で脚色(ミエヴィルは編集も担当)。撮影は「ヌーヴェルヴァーグ」のウィリアム・ルプシャンスキーと、「ヘカテ」などダニエル・シュミット作品で知られるレナート・ベルタ。音楽は「愛人 ラマン」「ベティ・ブルー 愛と激情の日々」のガブリエル・ヤーレが担当。主演は「パッション(1982)」「愛・アマチュア」のイザベル・ユペール、「私の夜はあなたの昼より美しい」のジャック・デュトロン、「ゴダールの探偵」「夏に抱かれて」のナタリー・バイほか。

2/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
5

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

木曜日。テレビ番組のディレクター、ポール・ゴダール(ジャック・デュトロン)はホテルから同僚で別れた恋人、ドゥニーズ・ランボー(ナタリー・バイ)に電話している。彼はホテルを出て車に乗る。一方、ドゥニーズは自転車でレマン湖畔の田舎を走っている。彼女は元活動家で今は地方新聞を発行している旧友ミシェル・ピアジェ(ミシェル・カサーニュ)と出会う。ドゥニーズは田舎からテレビ局のポールに電話し、2年間暖めてきたマルグリット・デュラスが出演する番組の件について話す。ポールは自分の企画した番組を作るために戻ってきたドゥニーズと再会するが、デュラスがいないのを知った彼女はポールを激しくなじる。ポールは別れた妻のポーレット(ポール・ミュレ)、11歳の誕生日を迎えた娘セシル(セシル・タネール)と一緒に食事するが、ポーレットは小切手を、セシルはプレゼントを要求し、気まずい雰囲気になる。その後ポールは映画「街の灯」を観るために並んでいると、娼婦のイザベル・リヴィエール(イザベル・ユペール)に声をかけられ彼女を買う。金曜日。イザベルは売春の元締めロジェ(ロジェ・ジャンドリー)とベルトラン(ベルトラン・カザシュス)に捕まり、勝手に客を取った罰として尻を叩かれる。イザベルが女友達ミシェル(ミシェル・グレゼール)のアパートに帰ると田舎から出てきた妹(アンナ・バルダッチーニ)がいた。金が要るという彼女に売春について教えたイザベルはペルソンヌ氏(フレッド・ペルソンヌ)や実業家風のボス(ローラン・アムステュツ)に買われ、倒錯的なプレイを演じる。彼女はアパートを借りるため、ドゥニーズに電話する。土曜日。ドゥニーズのアパートを訪れたイザベルは、ポールがドゥニーズに飛びかかり、床に倒れるのを見た。ドゥニーズはイザベルにアパートの鍵を貸すことにした後、駅でポールに別れを告げ、自転車で田舎に戻る。水曜日。都会に戻ったポールは街でポーレットとセシルに偶然会った直後、イザベルの妹の乗った車にはねられた。

作品データ

原題 Sauve qui peut/la vie
製作年 1979年
製作国 フランス スイス
配給 広瀬プロダクション
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/29更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 勝手に逃げろ/人生