映画-Movie Walker > 作品を探す > ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地大乱

清朝末期の中国を舞台に、邪教集団と闘う武道家の姿を描く武術アクション。監督・製作は「ツイン・ドラゴン」のツイ・ハーク。エグゼクティヴ・プロデューサーは「ポリス・ストーリー3」のレイモンド・チョウ。脚本はハークとカーボン・チョン、チャン・ティンスンの共同。撮影はアーサー・ウォン、音楽はリチャード・ユエンジョニー・ニョーが担当。主演は「阿羅漢」のリー・リンチェイ。他に「プロジェクトA2 史上最大の標的」のロサムンド・クァン、「西太后」ジャン・ティエリン、中国国営武術団出身のション・シンシンらが共演。

4/5
総評価数 5
レビュー 1
投票 4
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (7)
星4つ 25% (2)
星3つ 25% (3)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

中国、混乱の清朝末期。貧者救済と外国排斥をうたう白蓮教が広州に流布していた。だが、白蓮教は悪魔的なクン教祖(ション・シンシン)を崇める邪教の徒で、暴力による排外主義が街に恐怖を呼んでいた。漢方師で、高名な武道家である黄飛鴻(リー・リンチェイ)は、一番弟子の梁寛(マク・シウチン)、密かに想いを寄せ合う洋行帰りの同年代の叔母十三姨(ロサムンド・クァン)を伴い西洋医学の学会に招かれて広州へとやって来た。街に着いた一行は電報局を襲う白蓮教徒と遭遇するが、飛鴻の圧倒的な強さの前に、一団は逃げていった。翌日、学会に出席した飛鴻は、革命を志す若き医学者孫文(ジャン・ティエリン)と出会い、意気投合する。しかし再び教団の襲撃を受け、辛くも脱出した飛鴻と孫文は、再会を誓って別れた。翌日、教団はキリスト教小学校を襲い、現場に駆けつけた飛鴻たちは、教会の床下に隠れて難を逃れた二十数名の生徒たちを発見する。子供たちの保護を依頼するために、警察のラン提督(イェン・チータン)に面会した飛鴻だったが、政情不安のため、白蓮教徒を刺激することはできないと言う。一方、十三姨と梁寛は、イギリス領事館へ子供たちとともに避難していた。合流した飛鴻は、キリスト教小学校の教師であり、孫文の後援者でもある陸(ジョン・チャン)と出会い、孫文との再会も果たす。孫文と陸を捕らえるため、ラン提督は白蓮教徒を利用して、領事館を襲わせた。その騒ぎの中、提督が領事を殺害し、領事館内に乗り込んで来た。飛鴻は白蓮教団を倒すため教団の神殿に乗り込み、クン教祖を倒した。飛鴻、陸、十三姨、梁寛は香港行きの船着場で落ちあうが、革命派の人々の名を記した名簿が領事館の倉庫に残っていたため、皆引き返す。そこへラン提督が現れ、飛鴻らは激しい闘いの末勝利を収めるが、陸は命を落とした。陸が命がけで守った革命の旗を船上の孫文に届けた飛鴻は、出航していく船の上の孫文と十三姨を、梁寛とともに見送るのだった。

見たい映画に
登録した人
5

作品データ

原題 黄飛鴻 男児当自強
製作年 1992年
製作国 香港
配給 東宝東和
上映時間 112
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

キャスト

黄飛鴻(ウォン・フェイフォン) リー・リンチェイ
梁寛(フー) マク・シウチン
十三姨(イーサンイエ) ロザムンド・クワン
孫文 チャン・ティエ・リン
ジョン・チャン
白蓮教教祖・クン ション・シンシン
ラン提督 イエン・チータン

レビュー

正義は勝つ

投稿者:ねねパパ

(投稿日:2006/10/18)

爽快感は前作と変わらないのですが、ユン・ピョウが抜けて配役の…

[続きを読む]

支持者:0人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ライオン・キング
ライオン・キング

ディズニーの人気アニメーション『ライオン・キング』を新たな映像表現で実写映画化

天気の子
天気の子

家出少年と不思議な能力を持つ少女の恋の物語を紡ぐ、新海誠監督によるアニメーション

ダンスウィズミー
ダンスウィズミー

矢口史靖監督が三吉彩花を主演に自ら脚本も手掛けて挑む初のミュージカルコメディ

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地大乱