映画-Movie Walker > 作品を探す > 春の河、東へ流る

日中戦争を背景に日本侵略下の男女の出会い、結婚、別離をメロドラマとして描いた作品。新中国誕生直前に公開され、驚異的なヒットとなった。監督はツァイ・チューションチョン・チュンリー。この二人は本作では脚本も書いている。撮影はチュウ・チンミン。美術はニウ・パオロン。音楽はチャン・チョンフォン

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

紡績女工の素芬(白楊)は夜学の教師忠良(陶金)と結婚し、一児をもうけ、幸せの絶頂にいた。しかし、戦火が上海に拡がり、夫は抗日のための救護隊に参加してしまうのだった。素芬は息子と姑を連れ上海から田舎へ逃れる。一方、捕虜となった忠良も戦火を逃げ延びていた。音信不通の二人に生き延びるための苦難が続く。抗日戦線勝利の日、忠良を待ち続けていた素芬は、女中として働く大工場主の館で開かれたパーティーで、主人然と振る舞う変わり果てた夫の姿に出会う。素芬は絶望し、河に身を投げる。

見たい映画に
登録した人
1

作品データ

原題 一江春水向東流
製作年 1947年
製作国 中国
配給 東光徳間
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

キャスト

素芬(スー・フェン) パイ・ヤン
忠良(チャン・リアン) タオ・チン
王麗珍(ワン・リーツェン) シュー・シュウウェン
忠良の母 ウー・イン
忠良の祖父 イエン・コンシヤン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 春の河、東へ流る