映画-Movie Walker > 作品を探す > テロリスト・ゲーム

「女王陛下のユリシーズ号」などで知られる冒険小説家アリステア・マクリーンの原案をもとに、貨物列車をハイジャックしたテロリスト集団と戦う文民特殊部隊の活躍を描くサスペンス・アクション。監督・脚本はテレビ出身で、本作が劇場映画デビュー作となるデイヴィッド・S・ジャクソン。製作は「赤い影」のピーター・スネル。撮影はティモシー・イートン。音楽は「フリージャック」のトレヴァー・ジョーンズが担当。主演は「ライブ・ワイヤー」のピアース・ブロスナン。他に「クリスティーン」のアレクサンドラ・ポール、「グレムリン2 新・種・誕・生」のクリストファー・リー、「羊たちの沈黙」のテッド・レヴィンらが出演。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ドイツで武装したテロリスト集団による貨物列車のハイジャック事件が発生した。彼らはプルトニウム爆弾を所持しており、ドイツを縦断してスイス方面へと列車を走らせていた。国際的な核テロに対処すべく設立された国連犯罪対策機構(UNACO)が急遽活動を開始し、UNACO代表マルコム・フィルポット(パトリック・スチュワート)は、元傭兵で、現在はオートバイ・レーサーとして活躍しているマイク・グラハム(ピアース・ブロスナン)に文民捜査官として参加を要請、マイクを中心に、国連職員のサブリナ・カーヴァー(アレクサンドラ・ポール)らからなる特殊部隊を組織し、迅速な人質救出作戦を開始した。しかし、傭兵ティアニー(テッド・レヴィン)率いるテロリストたちは手強く、事態はさらに悪化していく。やがて,テロリストたちの目的地がイラクであることが分かり、事件の全貌が明らかになってきた。極右思想を持つロシア人将軍ベニン(クリストファー・リー)がイラクに核を保有させることで世界的な緊張を生み出し、崩壊しソ連を再び統合し、軍事大国として蘇らせようとしていたのだ。やがてティアニーは、テレビのニュース専門局に対し、車内での単独会見を申し出て、列車に潜入したマイクたちは、テロリスト全員を射殺することに成功し、起爆装置を作動させられた爆弾も間一髪で処理された。マイクたちは黒幕のベニン将軍のもとへ急ぐが、ベニンはもうひとつの核爆弾を持って飛行機で逃げようとするところだった。マイクとサブリナは飛行機に飛び乗り、激闘の末ベニンを射殺するが、爆弾の起爆装置を解除することができなかった。しかし幸運にも爆弾はニセ物で爆発しなかったのだった。

見たい映画に
登録した人
1

作品データ

原題 Death Train
製作年 1993年
製作国 アメリカ イギリス
配給 松竹富士
上映時間 99
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
スキャンダル
スキャンダル

2016年に実際に起きたスキャンダルの裏側を描いたシャーリーズ・セロン主演の物語

1917 命をかけた伝令
1917 命をかけた伝令

『007 スペクター』のサム・メンデス監督がワンショット撮影を敢行した戦争ドラマ

チャーリーズ・エンジェル
チャーリーズ・エンジェル

2000年、2003年に公開されたアクションシリーズの出演者を一新したリブート版

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > テロリスト・ゲーム