映画-Movie Walker > 作品を探す > テルレスの青春

「ブリキの太鼓」「ボイジャー」のフォルカー・シュレンドルフ監督の長編デビュー作。ヒトラー政権下に禁書処分になったローベルト・ムージル原作「若きテルレス」の映画化で、カンヌ映画祭国際批評家賞を受賞している。製作はフランツ・ザイツルイ・マル。監督・脚本はシュレンドルフ。撮影はフランツ・ラート。音楽はハンス・ヴェルナー・ヘンツェ。編集はクラウス・フォン・ボーロ。美術はマーレン・パシャがそれぞれ担当。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

人里離れた寄宿学校の生徒テルレス(マチュー・カリエール)は聡明な少年でクラスメイトから尊敬されていた。ある日彼は、同級生バジーニ(マリアン・ザイドフスキ)が、他のクラスメイトから金を盗んだことを知る。クラスのリーダー格であるバイネベルク(ベルント・ティッシャー)とライティング(フレート・ディーツ)の二人は自分たちでバジーニを罰することに決め、残酷な方法で私刑を加えていく。テルレスはこの隠れた裁判を傍観するしかなく、次第に二人の行為に引き付けられていく自分を感じ始める。バイネベルクとライティングはテルレスに、もし誰かにしゃべったら共犯に仕立てあげると脅迫される。やけになったテルレスはバジーニに、先生に助けを求めるよう忠告し、自分は学校から逃亡した。事態は学校当局の知るところとなり、テルレスは教師全員の前で自分のしたことを説明しようとするが、全く理解されない。学校を去るよう忠告された彼は自分の行いを誇りに思いつつ母親と共に去って行くのだった。

見たい映画に
登録した人
1

作品データ

原題 Young Torless / Der Junge Torless
製作年 1966年
製作国 ドイツ フランス
配給 アップリンク
上映時間 87
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > テルレスの青春