TOP > 映画作品を探す > 地獄の女スナイパー

マフィア撲滅に執念を燃やす女の物語。監督、原案、脚本は「警視の告白」のダミアーノ・ダミアーニ。共同原案者はフェリーニやフランチェスコ・ロージなどの作品の製作者として知られるマリオ・チェッキ・ゴーリ。撮影はニーノ・チェレステ。音楽はリズ・オルトラーニ

5/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

イタリア。マフィアに支配されつつあるとある街で、一人の刑事(レモ・ジローネ)が辞表を出そうとしていた。時を同じくして、ウェイトレスのリザ(ターニー・ウェルチ)が拾った拳銃で悪徳弁護士を射殺した。警察と組織は新たな抗争が始まったものと思い、刑事は辞職を断念する。彼は被害者が残した記録テープからヒントを得て、リザに接近する。その夜、リザは刑事宅を訪ね、犯行を告白した。彼女は子供のころマフィアに家族を殺され、復讐に燃えていたのだ。刑事はそんな彼女と手を組み、マフィアの撲滅を図る。リザは次々とマフィア幹部を射殺していった。そんなある日、一人の女が警察に捕まった。刑事はリザかと思ったが、それはテレザ(エヴァ・グリマルディィ)というマフィアの娼婦だった。テレザは警察では証言しなかったものの、リザのことをマフィアに報告した。また、リザ自身も情報屋に目撃され、刑事とリザは窮地に立たされた。二人は愛し合う仲になっていたが、情報屋に呼び出された刑事はそこで殺された。リザはテレザとコンタクトを取り、今度は二人の女がマフィアの幹部たちを狙い始めた。

作品データ

原題 Angel of Death
製作年 1993年
製作国 イタリア
配給 日本ヘラルド映画
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/4更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > 地獄の女スナイパー