映画-Movie Walker > 作品を探す > 婚礼

一夜の婚礼の祝宴を舞台に、ポーランドの歴史を象徴的に描く人間ドラマ。監督は「コルチャック先生」のアンジェイ・ワイダ。製作はバルバラ・ペツ・シレシツカスタニスワフ・ヴィスピアンスキの同名の原作戯曲をもとに、アンジェイ・キヨフスキが脚色。ワイダ監督は舞台演出家としても知られているが、「婚礼」は現在もしばしば上演され、映画と共に代表作のひとつとなっている。撮影は「約束の土地」のヴィトルド・ソボチンスキ。音楽はワイダ作品の舞台の仕事が多く、九〇年の「ハムレット」日本公演にも参加したスタニスワフ・ラドヴァンが担当。主演は「白樺の林」などのワイダ監督作品の常連のひとりである、「ブリキの太鼓」のダニエル・オルブリフスキ

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1900年、ポーランドの旧都クラクフで、ひとりの若い人気作家(ダニエル・オルブリフスキ)が、農民の娘(エヴァ・ジエンテク)と結婚式を挙げた。二人は、参列者と共に馬車で、郊外にある花嫁の姉(イザァ・オルシェフスカ)と結婚した画家(マレック・ヴァルチェフスキ)の館に向った。詩人(アンジェイ・ワピツキ)、新聞記者(ヴォイツェフ・プショニャック)らクラクフの著名人が招かれた婚礼の宴が始まり、ユダヤ人商人の娘ラヘラ(マヤ・コモロフスカ)がやって来て、庭のわら人形にまじないをかけて去っていった。やがて宴の人々は、幻想の世界に陥り、歴史的人物の幽霊や亡霊との出会いを繰り返す。館の主人は、一人の亡霊から蜂起の命令を受け、農民の若者ヤシェック(マレック・ペレペチコ)に亡霊からもらった蜂起のシンボル、黄金の角笛を持たせ、周辺の村々に走らせる。農民のチェピエッツ(フランチシェク・ピェチカ)はそのことを知ると蜂起の準備を行い、芸術家やインテリに参加を迫るが、彼らは酔いと幻想の中の出来事だと動こうとせず、やがて彼らはすべて魔法にかけられたように動かなくなる。明け方、角笛を失くしたヤシェックが帰ってくると、蜂起と独立の幻想に呪縛された人々は、庭のわら人形の周囲で、夢を見ているかのように踊り出す。そして花婿の前で、一頭の白馬がゆっくりと倒れていく。

見たい映画に
登録した人
2

作品データ

原題 Wesele
製作年 1973年
製作国 ポーランド
配給 岩波ホール
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 婚礼