TOP > 上映中の映画作品を探す > アニタ 背徳のダンサー

第一次大戦後のベルリンで創作ヌード・ダンスを踊ってスキャンダルを巻き起こした伝説的なダンサー、アニタ・ベルバー。彼女の生涯を、幻想的かつドキュメンタリー的な味わいで表現したのが本作。監督と脚本、編集は「ベルリンブルース」、「タリー・ブラウン、ニューヨーク」などのローザ・フォン・ブラウンハイム。撮影はエルフィ・ミケシュ。録音と美術はミハエル・シェーファーイアン・ライト等が担当した。音楽はコンラート・エルファース

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

一九二〇年代。絢爛と退廃のベルリンでは、アニタ・エルバー(ロッティ・フーバー)というダンサーが、“エクスタシー”“恐怖”“背徳”といったダンスを裸で踊って表現し、話題を集めていた。バイセクシャルであることを公言し、常にスキャンダルをふりまいていた彼女は、多量のコカイン常用と結核のために二九歳の若さでこの世を去る。そして現代、ベルリンの目抜き通りクーダムで、一人の老女(エヴ・クルツ)が自分はダンサーのアニタ・ベルバーだと叫び、服を脱ぎ出す。彼女は捕らえられ、病院に閉じ込められる。老女は精神病院のモノクロの現実の中で、アニタの短くも激しかった人生を荒々しい原色の幻覚の世界に見出す。本当の記憶なのか、老女の幻覚なのか分からぬまま、老女の主治医はアニタのダンス・パートナー、セバスチャン・ドロステ(ミカエル・ホネッソー)へ、看護婦(ハンネレーネ・リンバッハ)は若かりし頃のアニタ(イナ・ブルーム)へと姿を変えていくが、突然、老女に死が訪れる。医師は死体解剖しようとするが、老女は起き上がり消えてしまう。

作品データ

原題 Anita Tanzedes Lasters
製作年 1987年
製作国 ドイツ
配給 ユーロスペース
上映時間 89
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/30更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > アニタ 背徳のダンサー