映画-Movie Walker > 作品を探す > ピアノ・レッスン

19世紀半ばのニュージーランドを舞台に、ひとりの女と2人の男が一台のピアノを媒介にして展開する、三角関係の愛のドラマ。「スウィーティー」「エンジェル・アット・マイ・テーブル」に続くニュージーランド出身の女流監督ジェーン・カンピオンの長編第3作。製作はジェーン・チャップマン、撮影は「エンジェル・アット・マイ・テーブル」のスチュアート・ドライバー。音楽は「髪結いの亭主」のマイケル・ナイマンで、演奏はミュンヘン・フィルハーモニック(ピアノ・ソロはホリー・ハンター)。美術は「幸せの向う側」のアンドリュー・マッカルパイン、編集は監督の前2作も手がけたヴェロニカ・ジネット、衣装はジャネット・パターソンが担当。主演は「ザ・ファーム 法律事務所」のホリー・ハンター、「ライジング・サン」のハーヴェイ・カイテル、「ジュラシック・パーク」のサム・ニール。共演はオーディションで選ばれた子役のアンナ・パキンほか。93年度カンヌ映画祭パルムドール賞(オーストラリア映画として、また女性監督として初)、最優秀主演女優賞(ハンター)受賞作。93年度アカデミー賞脚本賞、主演女優賞(ハンター)、助演女優賞(パキン)受賞。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 28
レビュー 3
投票 25
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 90% (9)
星4つ 100% (10)
星3つ 70% (7)
星2つ 20% (2)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

スコットランドからニュージーランドへ、エイダ(ホリー・ハンター)は入植者のスチュワート(サム・ニール)に嫁ぐために、娘フローラ(アンナ・パキン)と一台のピアノとともに旅立った。口がきけない彼女にとって、ピアノはいわば分身だった。だが、迎えにきたスチュアートはピアノは重すぎると浜辺に置き去りにする。スチュワートの友人で原住民のマオリ族に同化しているベインズ(ハーヴェイ・カイテル)は、彼に提案して自分の土地とピアノを交換してしまう。ベインズはエイダに、ピアノをレッスンしてくれれば返すと言う。レッスンは一回ごとに黒鍵を一つずつ。初めはベインズを嫌ったエイダだったが、レッスンを重ねるごとに気持ちが傾いていった。2人の秘密のレッスンを知ったスチュワートは、エイダにベインズと会うことを禁じる。彼女はピアノのキイにメッセージを書き、フローラにベインズへ届けるように託す。それを知って逆上したスチュワートはエイダの人指し指を切り落とす。だが、彼女の瞳にベインズへの思慕を読み取った彼は、ベインズに2人で島を去るがいいと言う。船出してまもなくエイダはピアノを海に捨てた。エイダ、ベインズ、フローラの3人は、とある町で暮らし始めた。エイダは今も時々、海中に捨てられたピアノの夢を見る。

見たい映画に
登録した人
29

作品データ

原題 The Piano
製作年 1993年
製作国 オーストラリア
配給 フランス映画社
上映時間 121
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

レビュー

シュールな想像世界へと画像を移行させる

投稿者:晴耕雨読

(投稿日:2009/05/28)

 ホリー・ハンターが演じる口のきけないヒロインのモノローグと…

[続きを読む]

支持者:5人

ピアノの旋律と暗めの映像が、切ない恋物語を盛り上げてくれる。

投稿者:タルーン☆

(投稿日:2009/02/24)

ニュージーランドに引っ越してきた夫婦と子供、そして現地案内人…

[続きを読む]

支持者:1人

ピアノの調べは官能的で耽美

投稿者:ゆーみんぱぱ

(投稿日:2008/01/17)

波打ち際に、置き去りにされたピアノ。 ピアノは主人公自身、…

[続きを読む]

支持者:1人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ピアノ・レッスン