TOP > 上映中の映画作品を探す > クリストファー・ウォーケン 流血の絆

全米の麻薬の3分の2が通過する米国マイアミを舞台に、現地の麻薬カルテルとフランス最大の犯罪ファミリーの戦いを国際色豊かに描いた実録ギャング映画。監督・製作は「熱砂に抱かれて」のアレクサンドル・アルカディで、実在のフランスマフィア、Z兄弟を題材に『流血の絆・野望篇』(V)の後日談的な作品。脚本はアルカディ、マルク・アンジェロダニエル・サンタモン(ダイアローグ・ライターも)の共同。エグゼグティヴ・プロデユーサーは「赤い航路」のロベール・ベンムッサ。撮影はウィリー・クラント、音楽はロマノ・ムスマラ。主演は「トゥルー・ロマンス」のクリストファー・ウォーケンと「勝手にしやがれ」のロジェ・アナン。共演は「イン・ザ・スープ」のジェニファー・ビールス、「ルナ」のジル・クレイバーグほか。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

フランスマフィアの大物、レイモン・ビトゥーン(ロジェ・アナン)が刑期を終えて出所した。引退して静かな余生を願う彼は、まっとうな商売をしている息子モーリス(リシャール・ベリ)のいるマイアミへ向かう。再会の喜びも束の間、彼は息子がドラッグの金のロンダリングをしていること、そして巨大総合娯楽施設を作るためにコカインの密輸に手を出そうとしていることを知る。モーリスは麻薬カルテルの代表であるパスコ・メスネル(クリストファー・ウォーケン)に援助を求め、パスコはインディアンと呼ばれる密売人を紹介する。だが、インディアンは10年前に死んだはずのレイモンのファミリーの反逆者、ロラン・ビトゥーン(ジェラール・ダルモン)だった。ロランの復讐により経営者ルモニエ(ジャン・フランソワ・ステヴナン)が殺され、モーリスは司法当局に告発された。パスコは密輸に失敗したコカインを要求し、配下に命じてモーリスを誘拐した。レイモンは息子と残された一族を救うため、パスコに戦いを挑んで敵地に乗り込む。モーリスを眼前で殺されたレイモンは、死闘の果てにパスコを倒した。

作品データ

原題 Le Grand Pardon II
製作年 1993年
製作国 アメリカ フランス
配給 コムストック
上映時間 124
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/28更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > クリストファー・ウォーケン 流血の絆