TOP > 映画作品を探す > カー・ウォッシュ

3/5
総評価数 2
レビュー 0
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (2)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

朝、7時44分。ラジオからの軽快なリズムと共に、ロサンゼルスのダウンタウンにある『デラックス・カー・ウォッシュ』という名の洗車場の1日が始まる。一番乗りはロニー(アイヴァン・ディクソン)、続いてデブのヒッポ(ジェームズ・スピンクス)、おしゃれのT・C(フランクリン・アジャイ)、チェコ(ペペ・セルナ)、チャーリー(アーサー・フレンチ)、インディアンのグッディ(ヘンリー・キンジ)、ジェロニモ(レイ・ヴィット)、それに昨夜浮気を楽しんだスクラッグズ(ジャック・キホー)、オカマのリンディ(アントニオ・ファーガス)、歌手志望のフロイド(ダロー・アイガス)とロイド(ドウェイン・ジェシー)、洗車場で靴磨きをするスナッパー(クラレンス・ミューズ)、意地悪のアール(レナード・ジャクソン)等、従業員がやってきた。そしてここの経営者ミスターB(サリー・ボイヤー)と、毛沢東かぶれのドラ息子アーウィン(リチャード・ブレストッフ)もご出勤。タクシーで駆け込んだのはキャッシャーのマーシャ(メラニー・メイロン)、そしてラストは過激思想かぶれのデュアン(ビル・デューク)だ。さあ、顔ぶれは揃った。仕事だ! ソウル・ステーションKGYSのDJの紹介するヒット・チャートNo1「カー・ウォッシュ」のテーマに乗ってスタート! タクシーが止まり、商売女の黒人娘(ローレン・ジョーンズ)が、タクシー代を払わず女子トイレに身を隠し、運チャン(ジョージ・カーリン)はカッカと追跡を開始した。また、今日も少年カルビン(マイケル・フェネーリ)が皆の仕事の邪魔をはじめた。通りをへだてたレストランのウェイトレス、モナ(トレイシー・リード)も出勤。デートを申し込んで断られるT・C。ラジオでは曲名を当てるテレフォン・クイズをやっており、T・Cは曲が流れるたびに赤電話に駆け込むが、タイミング悪く、ダメ。そんなところへ、教育ママ(ロレイン・ゲイリー)のベンツがやってき、続いて、リンカーン・コンチネンタルに乗ったリッチ牧師(リチャード・プライヤー)と助手のウイルソン・シスターズ(ザ・ポインター・シスターズ)もやってきた。やっと、昼になった。ディスコを流すKGYSのDJがコーラ爆弾魔のニュースを流す。一方、昼下りの情事は例のタダ乗り黒人娘とヒッポ。女への代償はトランジスター・ラジオだ。やがて、気分すっきりのヒッポが職場に戻ると、怪しげな男(アーウィン・コーリー)がウロウロ。奴こそコーラ爆弾魔だ。ヒッポとT・Cが力を合せて、男にタックルするが、コーラのビンから流れ出たのは……オシッコ。遅刻常習犯デュアンがミスターBよりクビにされ、ロニーがとりなすがダメ。そんなミスターBがマーシャにデートを申し込むが、ダメ。そして、それをアーウィンに知られ父子断絶。しかし、T・Cはツイていた。曲名当てクイズに当選し、ロック・コンサートへ御招待だ。むろんモナも同伴で。KGYSのDJも夜の担当者に変わり、洗車場の1日が終わろうとしている。ドタバタのうちに従業員達は仕事を終え、去っていく。だが、まだ残っているロニーはその日の売り上げの計算。と、そこへデュアンがクビになった腹いせに、金を盗みにくるが、ロニーが思いとどまらせる。やがて、人気のなくなった夜の洗車場。静けさだけが重くあたりを支配する。そして暗いものかげから、あの商売女がトランジスター・ラジオを片手に、客を求めて夜の街へ--。『デラックス・カー・ウォッシュ』の1日が終わった。

作品データ

原題 Car Wash
製作年 1976年
製作国 アメリカ
配給 ユニヴァーサル=CIC
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/14更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > カー・ウォッシュ