TOP > 上映中の映画作品を探す > 殺しへの微笑

妻子を殺された元刑事が、殺し屋となって復讐するエロティックなヴァイオレンス・アクション。監督・原案はジョルジ・ラミント、製作はマッシモ・マナッセ、エグゼクティヴ・プロデューサーはルチアーノ・マルティーノ。脚本はピエトロ・レグノーリとジョルジ・ラミント、撮影は「ミラクル・タイガー 魔界大冒険」のジャンカルロ・フェランド、音楽はルイジ・チェッカレッリが担当。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

腕利きの警官だったマーク(スティーヴ・ボンド)は、シンジケートの罠にはまって警察を解雇され、さらに妻子を殺される。その後、殺し屋となったマークは、ある要人を暗殺するためアルゼンチンに飛ぶ。アパートに潜み、標的の名前が知らされるのを待つマーク。やがてマークは、隣の部屋に住むグラマーな美少女マリーナ(デボラ・カプリオリオ)に魅かれ、関係を持つようになる。金持ちの中年男ハンク(レオナルド・トレヴィーリョ)の愛人だが逃げ出したいというマリーナを救い出すため、マークはハンクを殺すことを決意するが、実はハンクこそ、マークが暗殺を依頼された要人だった。マークは見事ハンクをしとめるが、そこへ、銃を構えたマリーナが現れる。彼女は、もともとマークがハンクを狙う殺し屋と知っていてわざと近づいたのだ。すべてが罠だったことを悟ったマークは、壮絶な撃ち合いの末マリーナを殺すが、自分も傷ついて息をひきとるのだった。

作品データ

原題 The Smile of the Fox
製作年 1992年
製作国 イタリア
配給 アルバトロス・フィルム
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/1更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 殺しへの微笑