TOP > 上映中の映画作品を探す > 心の香り

祖父の元へ預けられた少年と、その土地の人々の交流を描く。監督は孫周、撮影は「太陽雨」の姚力、音楽は「紅いコーリャン」の趙季平が担当。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
1

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

京京(フェイ・ヤン)は、少年クラブ京劇班に所属する京劇役者。彼の両親が別居したので、母方のおじいちゃん(チュウ・シュイ)に預けられた。年金生活者のおじいちゃんは、昔有名な京劇俳優だったが、妻の死後引退して、この南の町で暮らしている。おじいちゃんには蓮おばさん(ワン・ユイメイ)という恋人がいて、彼女も元京劇の女優で、熱心な仏教徒だ。京京が町に着いた日、台湾在住のおばさんの夫から、40年振りに戻るという手紙が来た。翌日、おじいちゃんは京京を小学校に短期入学させようとしたが、京京が上級生と喧嘩して入学を断られた。その罰で京京は家に閉じ込められるが、この時、隣家の娘珠珠(ハー・チエリン)と知り合う。その夜、酔って帰ってきたおじいちゃんは、京京の父親を罵倒し、お母さんの悪口も言い始めた。共同シャワー室で泣く京京の様子を見て反省したおじいちゃんが、京京の背中を流しながらやさしく尋ねると、京京は、両親が離婚すると自分はどこにも行くところがないと答えるのだった。川を昇る勇壮な龍船を見に行った日、蓮おばさんは京京を励まして、ここで生きていこうと言ってくれたが、台湾の夫が急死したことを聞き、ショックで寝込んであっけなく死んでしまう。おばさんの遺言である“超度(仏教用語で成仏すること)”の儀式をするお金のために、胡弓の名器を手に町へ出たおじいちゃんは、そこで京京の京劇の妙技を見た。おじいちゃんは京京の天賦の才を見抜き、葬式の時、京京に、自分の道は自分で選べ、というおばさんの言葉を伝え、京京は母親のもとへ帰るのだった。

作品データ

原題 心香
製作年 1992年
製作国 中国
配給 TJC東光徳間
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

キャスト

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/21更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 心の香り