映画-Movie Walker > 作品を探す > 狩人

1976年の大晦日に起こった不思議な出来事を発端にして、ギリシャ現代史を幻想的に描く。監督・原案・脚本は「こうのとり、たちずさんで」のテオ・アンゲロプロス、製作はニコス・アンゲロプロス、脚本協力はストラティス・カラス、撮影はヨルゴス・アルヴァニティス、音楽はルキアノス・キライドニスが担当。

3/5
総評価数 2
レビュー 2
投票 0
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (2)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1976年の大晦日。雪に覆われたイピロス山中で、狩りに出た6人の男たちは、四半世紀も前の内戦で死んだゲリラの兵士の死体を発見する。今死んだばかりのような暖かい血が流れる死体を抱え、湖畔のホテル“栄光館”に戻って思案する狩人たちは、出版社社長で元知事のパパヨルギウ(イリアス・スタマティオス)、実業家ヤニス・ディアマンティス(ヨルゴス・ダニス)、退役大佐(ニコス・クウロス)、老政治家(クリストフォロス・ネゼル)、ホテルの主人サバス(ヴァンゲリス・カザン)、そしてサバスの義弟のファンダキス(ストラトス・パキス)。死体の処理はサバスに任され、彼は電話で憲兵を呼ぶ。これまでの人生を回想する6人の狩人たち・・・。米軍駐留の最中、ゲリラを告発することによってホテルのオーナーになったサバス。ヤニスは1958年の選挙管理委員長だった。左翼が投票できぬよう工作していたが、従兄弟のコミュニスト・ヤニスが投票に立ち上がったのをきっかけに、左翼から80人も当選した。ファンタギスは、コミュニストのヤニスとは牢獄時代の仲間だった。63年右翼のテロによってヤニスは殺された。64年離党後、再び投獄されたファンタギスは、自分が密告者であると自白する手紙に署名して仮釈放された。大佐の回想・・・。67年、左翼民主同盟の集会を、大佐率いる一隊が襲撃した。広場で整列する若い兵士たちが歌う『銃と剣と勇気』の歌が、そのまま現代の栄光館のホールへ歌いつがれる。湖を、赤い旗を掲げた舟の群れの人々が、『愛の血が男を紫色に染めた』を歌いながら幻のように去る。発狂したファンダキスはゲリラ兵士の死体に話しかける。招待客が到着し、新年が訪れる。過去に別れを告げる『蛍の光』。いつしか狩人たち男女だけが踊っているホールに兵士の一群が乱入してくる。幕の奥から死体の兵士も起きあがる。兵士たちは、狩人たちに死刑を宣告し、銃殺する・・・。悪夢だった。イピロス山中、重い足どりで兵士の死体を抱えて来て、雪に埋める狩人たちは、再び狩りを始めるのだった。

見たい映画に
登録した人
4

作品データ

原題 I Kynighi
製作年 1977年
製作国 ギリシャ ドイツ フランス
配給 フランス映画社
上映時間 172
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

キャスト

The_Hotel_Proprietor ヴァンゲリス・カザン
The_Hotel_Proprietor's_Wife ベティ・ヴァラッシ
The_Building_Contractor ストラトス・パキス
The_Publisher(Ex_Governor) イリアス・スタマティオス
The_Publisher's_Wife アリキ・ヨルグリ
The_Industrialist ヨルゴス・ダニス
The_Industrialist's_Wife マリー・クロノプルー
The_Retired_Colonel ニコス・クウロス
The_Colonel's_Wife エヴァ・コタマニドゥ
The_Politician クリストフォロス・ネゼル

レビュー

ギリシアのある一日

投稿者:ブルーインブルー

(投稿日:2011/3/30)

 『1936年の日々』『旅芸人の記録』に続く、テオ・アンゲロ…

[続きを読む]

支持者:0人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 狩人