TOP > 上映中の映画作品を探す > ムッシュー

主張の激しい人々の中で、ひょうひょうと生きていく青年をコミカルなタッチで描いたセラピー映画。監督・脚本・原作は、「浴室」の原作者ジャン・フィリップ・トゥーサン、製作は監督の妹アンヌ・ドミニク・トゥーサン、撮影は「ロザリンとライオン」のジャン・フランソワ・ロバン、音楽はオリヴィエ・ラルティーグが担当。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
1

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

おっとりしていて、あくまで控えめのムッシュー(ドミニク・グールド)。実は、自動車販売会社フィアット社に入社したばかりで目立った功績をあげる優秀社員だ。だが行動はちょっと風変わり。会社の個室のカーペット・サイズを両手を拡げて一歩一歩丹念に測ったり、社員食堂では空席を求めて隅まで歩き、挙げ句のはてに席をとられてしまう。キャリア・ウーマンの上司は少し呆れ顔。一日終わって帰宅する先は、現在、浮気中のガールフレンドの家。しかし御両親とはなんとなく仲良しで、休日は郊外に住む友人(トム・ノヴァンブル)と昼はひなたぼっこ、夜になれば星を見ながら語り合うという毎日。マイ・ペースの生活なんてお茶の子さいさいなのである。ところが一転、ムッシューに災難が降りかかる。兄夫婦にはベビーシッターを頼まれ、引っ起した先では、ずうずうしい隣室の鉱物学者カルツ(ヴォイツェフ・プショニャック)にタイプ打ちまでさせられる。おまけにアヴァンチュールにまでつきあわされて、いろいろな人に振り回される。だがムッシューは厄介事からスルリと抜け、いつの間にやら見つけた気の合う女の子アンナ(アジリ・ジュエル)と星空を見上げてほのぼのとデートを楽しむのだった。

作品データ

原題 Monsieur
製作年 1989年
製作国 フランス ベルギー
配給 L・MIT
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/22更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > ムッシュー