TOP > 上映中の映画作品を探す > ベンガルの夜

インドを訪れたイギリス青年とインドの富豪の娘の悲恋物語。監督・脚本はこれが劇場用長編デビューとなるニコラ・クロッツ、製作はフィリップ・ディアス、脚本協力にジャン・クロード・カリエール、撮影はエマニュエル・マシュエル、音楽はブリージュ・ナーラーヤーンミシェル・ポルタルが担当。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

カルカッタに住む英国人青年アラン(ヒュー・グラント)は建築技師としてこの国に来たが、今は同じヨーロッパ人の男女とともにアパートを借り、面白おかしく暮らしている。そんなアランを気に入ったインドの実業家セン(ショウミットロ・チャテルジ)は、彼を自分の屋敷に住まわせる。センの娘ガヤトリ(スプーリャ・パタク)にフランス語を教えるうち、アランは彼女に心惹かれるようになり、2人はたちまち恋に落ちる。だが、階級の厳しいカースト制度の中で、外国人の地位は低く、2人の恋は許されなかった。センはアランを屋敷から追い出し、セン夫人(シャバーナー・アーズミー)は古くから伝わる伝統的な秘儀で娘の体を清めていく。屋敷を追われたアランは、故国へ帰るとも、仲間との気ままな生活に戻るとも決められぬまま、カルカッタの街をあてどもなくさまようのだった。

作品データ

原題 The Bengali Night
製作年 1989年
製作国 フランス 西ドイツ
配給 キネマ旬報社
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/20更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > ベンガルの夜