TOP > 上映中の映画作品を探す > 夏の遊び

将来の選択に迷いをみせるバレリーナが、若かりし頃のひと夏の恋を回想することで、迷いを断ち切っていく姿を描く。監督・脚本・原作・原案は「ファニーとアレクサンデル」のイングマール・ベルイマン、製作はアラン・エーケルンド、撮影は「野いちご」のグンナール・フィッシャー、音楽は「処女の泉」のエリク・ノルドグレンが担当。

5/5
総評価数 1
レビュー 1
投票 0
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
3

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

新聞記者ダヴィッドとの結婚をとるか、バレリーナとしての仕事をとるかの選択に迫られたバレリーナのマリー(マイ・ブリット・ニルソン)は誰からか届けられた古い日記を読んで若かりし頃の思い出の場所を訪れる。そこはバレエ学校の生徒だった彼女が、サマースクールに向かう途中に合った学生ヘンリック(ビルイェル・マルムステーン)とひと夏の恋に落ちた思い出のサマーハウスだった。ともに両親のいない2人の想いはすぐに同情から恋に変わった。愛にのめり込むゆえ、ヘンリックはマリーと彼女の伯父が親密であることと彼女がバレエに打ち込み過ぎることに嫉妬心を抱き、仲たがいする。しかし、祖母の意地の悪い言葉に打ちひしがれるヘンリックをマリーが慰めたことで仲直りし、2人は前以上に深く結びつくのだった。夏も終わり、しばしの別れを惜しみ2人は密かに婚約する。その直後飛び込みに失敗し、ヘンリックは死亡する--。サマーハウスで我に返ったマリーは伯父を訪ね、彼が日記を送ってきたこと、マリーに思いを寄せていることを知り、2度と会わない約束をして立ち去る。バレエの講師からのサジェスチョンで自分の結婚に踏み切れない蟠りがなにか分かった彼女は、日記をダヴィッドに見せ、全てを知った上で一緒になるのならと返事をする。

作品データ

原題 Sommarlek
製作年 1951年
製作国 スウェーデン
配給 アルバトロス・フィルム
上映時間 90
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

レビュー

ベルイマン監督作品には美しい場面が必ず在る

投稿者:たっかん

(投稿日:2015/10/10)

この映画を観て、「イングマール・ベルイマン監督の映画には、『…

[続きを読む]

支持者:1人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/25更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 夏の遊び