チャイニーズ・ゴースト・ストーリー3|MOVIE WALKER PRESS
MENU

チャイニーズ・ゴースト・ストーリー3

1992年3月7日公開,104分
  • 上映館を探す

邪悪な妖魔と僧侶との戦いをSFXを駆使して描くファンタジー・ホラーのシリーズ第3弾。監督と製作には前2作と同様に程小東と徐克があたり、脚本は徐克と司徒慧、撮影は劉滿棠、音楽は載楽民と黄霑、SFXは徐克が主宰するシネフェックス・ワークショップが担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

砂嵐が吹く荒野を白雲(ラウ・シュン)とフォン(トニー・レオン)の2人の僧侶が、大国寺に黄金の仏像を届けるため苦難の旅を続けていた。途中野盗たちに遭遇した2人は、野盗を追ってきた青年剣士イン(ジャッキー・チョン)と知り合いになる。白雲とフォンは施しを得ようと町に入るが、そこには暴力がはびこり、人々の心もすさんでいるのだった。夜、宿を求めて蘭若寺へ向かった白雲とフォンを黄金の仏像目あての野盗たちがつけ狙うが、あたりに立ちこめる邪気に恐れをなして森へ逃げ帰る。野盗たちは琴の音が聞こえてくる屋敷を覗き、そこに美女たちの姿を見つけて部屋に乱入するが、美女ロータス(ジョイ・ウォン)も姉コチョウ(ニナ・リー)も妖怪だった。彼女たちと古木の妖怪ロウロウ(ラウ・シー・ミン)に襲われて野盗たちが上げる悲鳴を察知した白雲は、フォンに仏像を守るよう命じ、妖怪の存在を探りに行く。白雲の留守に、ロウロウからフォンを誘惑するよう命じられたロータスが現れる。フォンは彼女を幽霊と見抜くが、念仏で追いつめられ苦しむ様を見て解放してやる。ロータスとフォンは互いにひかれていくのだった。白雲とロウロウの大魔術戦が始まった。町で再会したインも戦いに加わる。フォンは黒山の妖怪の愛人になるようロウロウに命令されたロータスを救い出し、逃亡する。妖魔の咆哮と正義の剣が激突し、壮絶な大魔術戦の末、フォンはロウロウを退治するのだった。

作品データ

原題
倩女幽魂III 道、道、道
製作年
1991年
製作国
香港
配給
アスキー映画
上映時間
104分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

2.6
  • 夙の一郎

    2
    2012/12/11

    もっと他に作り方があったでしょう(悲鳴)。
    100年経ってロウロウ復活。これは良しとしましょう。でもジョイウォンの立場が変わっていない。これでどうやって新作?
    しかも名前がロータスだよ。本当に中国人?それにミョーなお色気シーンの粗製乱造。
    縁の下でのたうちまわるジョイウォン。見たくなかった。それでも邦画より面白かったのが更に悲しかった。CGSそっくりさん情報。今回は見つからん。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • 観音ボール

    3
    2008/11/8

    2作、3作と続くとマンネリになったり、クオリティが極端に下がったりすることがほとんどですが、本作はよかったと思います。2作目がちょっと路線変更気味だったので、それを元に戻したという感じが成功したのだと思います。

    ヒロインは本作でもジョイ・ウォン。きれいです。切ない雰囲気がぴったりです。ジョイ・ウォンに恋するのはレスリー・チャンに変わって、トニー・レオンです。レスリーの頼りなさそうな感じが好きだったのですが、ひょっとしてもうこの頃から調子が悪かったのでしょうか? でもトニー・レオンの誠実そうな雰囲気も良いですね。

    分類すると、「ゲゲゲの鬼太郎」と同じジャンルになると思うのですが、同じ実写でも違和感なく見ることができるのは私の場合はこちらです。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告