TOP > 上映中の映画作品を探す > 十二人の女だった

イヴ・ミランドの作った映画で、大戦勃発後に製作着手され短時日の間に出来上がったものであるが、その出来栄えは即製の戦時映画とはだいぶ違う物らしい。この映画の特異性は、最後の場面で兵士の影が現れる意外は、全く女ばかりが登場することであって、ミランドは再びこの女たちを主人公として戦時を背景にブルジョア階級の風刺を見せている。シナリオはミランドの書き下ろしで、ジョルジュ・ラコンブの演出。撮影はヴィクトル・アルメニーズ、装置はアンドレイエフである。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

女達は夫や息子や恋人を戦線に送って、日夜そのことを口にしていたが、あるサロンの有閑夫人達の集まりで、ヴィムーズ公爵夫人(フランソワーズ・ロゼー)、プリンセス・カディコフ(ベティ・ストックフェルド)、ベルニエ夫人(シモーヌ・ベリオー)及びベルニエの情人ギャビー(シモーヌ・ルナン)ほか二人の夫人(パメラ・スターリングとミラ・パレリー)が、兵士のための後援会を作ろうと提議する。しかしその資金がない。そこで父なし子を持ち社交界から遠ざけられてはいるが金のあるマリオン夫人(ガビ・モルレ)のところへ、嫌いやながら資金を頼みに行く。ところが、このマリオン夫人には宝の娘ジュヌヴィエーヴ(ブランシェット・ブリュノワ)と養女リュシー(ミシュリーヌ・プレール)があり、ヴィムーズ公爵夫人には娘ジャニーヌ(プリムローズ・ペレエ)があり、この三人の若い娘が互いに組んで、ジュヌヴィエーヴとベルニエ夫人の出征中の息子との恋を完成させようとする。

作品データ

原題 Elles etaient Douzes Femmes
製作年 1940年
製作国 フランス
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/26更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 十二人の女だった