無防備都市|MOVIE WALKER PRESS
MENU

無防備都市

1950年11月7日公開,103分
  • 上映館を探す

ローマ解放直後の極めて困難な状況で六カ月にわたって製作されたが公開されるや一躍映画史上の最大傑作と激賞され、イタリアン・ネオレアリズムの濫觴となった記念碑的作品。監督ロベルト・ロッセリーニの名は世界的となった。脚本にフェデリコ・フェリーニが参加、原案はセルジオ・アミディ、音楽はレンツォ・ロッセリーニ、撮影ウバルド・アラータ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

第二次大戦末期のローマ。レジスタンスの指導者マンフレーディ(マルチェロ・パリエ-ロ)はドイツ・ゲシュタポの追跡を逃れ、同志ランチェスコの家に逃げこむ。彼は資金調達のためローマに来たのだ。しかし警戒厳しく、結局神父ドン・ピエトロ(アルド・ファブリッツイ)に連絡をたのむ。フランチェスコとピーナ(アンナ・マニャーニ)の結婚式の日、ナチに襲われ、マンフレーディは逃げたが、ラフンチェスコら同志は捕えられ、それを追ったピーナは路上で巡視兵に射殺された。捕えられた同志たちは途中で救出され、マンフレーディとランチェスコはマンフレーディの恋人マリーナ(マリア・ミキ)のアパートに逃げこむ。ところが彼女はゲシュタポの婦人部員の陰謀にかかり、同性愛と麻薬中毒になっている。2人の仲は破れる。ドン・ピエトロの手引きで隠れ家に行く途中、マリーナの裏切りでナチに襲われ、神父とマンフレーディは捕えられる。神父の目前でマンフレーディはゲシュタポの凄惨な拷問にあうがついに一言も自白せず、息絶えてしまう。神父も反逆罪で銃殺されることになる。雲低くたれこめ、遥かサン・ピエトロ寺院の円蓋の見える丘で、神父は銃殺され、それを見た少年たちは黙々と刑場から立ち去って行った。

作品データ

原題
ROMA, CITTA, APERTA
製作年
1945年
製作国
イタリア
配給
イタリフィルム
上映時間
103分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.0
  • ettam

    4
    2013/9/25

    ネオ・レアリズモ(ネオ・リアリズム)映画の第一人者、ロベルト・ロッセリーニ監督の代表作でもあり、ネオ・レアリズモ映画の金字塔とも言うべき作品です。

    女性が逃げ、射殺されるシーンなかなか衝撃的です。この作品を見たイングリッド・バーグマンに「実際にその現場にいるかのような感覚に陥った」と言わせたほど。実際にそのように感じたのも頷けます。この作品のシナリオには若い頃のフェデリコ・フェリーニも参加しています。

    この作品を観たハリウッドで活躍中のイングリッド・バーグマンがロッセリーニ監督に手紙を書き、イタリアへ行き彼の作品に出演。…だけならまだ良かったのですが…すでに結婚しており子供もいたバーグマンが全てを捨ててまでロッセリーニ監督に全てを捧げたことは当時センセーショナルを巻き起こしたことは有名な話。現代では不倫など特別珍しくもありませんが、その当時、バーグマンはかなりの批判も受けたそうです。バーグマンに関する書籍をいくつか読みましたが、映画作りに対しても恋愛に対しても非常に情熱的な人だったようですね。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告