TOP > 映画作品を探す > 世界の涯に

スウェーデンの大女優ツァラー・レアンダーのドイツ第一回作品。デトレフ・ジールク監督の古風なメロドラマ。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

恋人の大尉(ヴィリー・ビルゲル)の罪を引き受け、豪州へ流刑された歌姫グロリア(ツァラー・レアンダー)は大尉が総督副官となって豪州へ来ながら、救いの手ものべず、総督の令嬢と婚約したことを知り、絶望し、場未の酒場の歌姫となるが、農場開拓の青年(ヴィクトル・シュタール)に救われる。

作品データ

原題 Zu neuen Ufern
製作年 1936年
製作国 ドイツ
上映時間 103
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/9更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > 世界の涯に