TOP > 上映中の映画作品を探す > ひとりっ子(1989)

高学歴社会に入った現代の中国の都会で、実際に起きた母親の息子殺し事件を基にドラマ化した作品。悲劇に至る親子の葛藤を、母親の克明な心理描写から見つめ、納得しうるドラマとして作り上げた。監督はベテランのトン・カーナー。母親役は「熱恋・海南島」のリー・カーチュン、彼女の熱演が光る。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

母親のモンチウ(リー・カーチュン)は故郷に夫を残してひとり息子と一緒に北京郊外の住宅街へ越してきた。ひとりっ子政策がとられている中国では今、教育熱が高く、この母親も息子を良い大学に入れたい一心での決断だった。ところがある日、息子が学期末の成績表を故意に隠していたため、息子を信じきっていた母親は厳しい折檻の果て、衝動的に息子を殺してしまった。

作品データ

原題 失去的夢
製作年 1989年
製作国 中国
配給 中国映画祭実行委員会=TCC東光徳間
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

キャスト

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/22更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > ひとりっ子(1989)