TOP > 上映中の映画作品を探す > 一夜かぎり

イングリッド・バーグマンのスウェーデン時代の出演作品。

4/5
総評価数 1
レビュー 1
投票 0
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ヴァルデマール(エドウィン・アドルフソン)は、移動遊園地で働いていた。ある日、貴族(オルフ・サンドボルイ)の私生児であることを知らされ、貴族としての教育を受けるため父の屋敷へ移り住む。父の望みは息子が財産を継ぐにふさわしい人物になること、彼が後見役をしている美しいエヴァ(イングリッド・バーグマン)と結婚することだった。初め二人の関係は冷ややかだったが、しだいに愛が芽生えていく。ある夜、彼はエヴァに言い寄るが、エヴァは受け入れることが出来なかった。この時、ヴァルデマールは自分が別な人間になることは出来ないと気づき、元の世界へもどっていくのだった。

作品データ

原題 En Enda Natt
製作年 1939年
製作国 スウェーデン
配給 シネマトリックス
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

レビュー

スウェーデン時代のバーグマン、段々綺麗に…

投稿者:たっかん

(投稿日:2016/7/17)

冒頭は遊園地の雑多な風景から始まるが、高貴な雰囲気で遊園地を…

[続きを読む]

支持者:0人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/22更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 一夜かぎり