TOP > 上映中の映画作品を探す > 輪廻(1988)

80年代の解放政策の隙間に輩出したボヘミアンのような男女の浮草のような生き方を描く。ワン・シュオが自作の小説『浮出海面』を自ら脚本化。監督は、「黒砲事件」のホアン・チェンシン

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

高級幹部の子供、シーパー(レイ・ハン)はブローカーで生計を立て、気の向くままに遊びながら暮らしている。舞踏家のユイチン(タン・ツァオイェン)と愛し合うようになるが、商売はうまくいかず、ヤクザに足を傷つけられた。ユイチンの心は彼から離れ、ひとりになったシーパーは大男の絵を壁に残して自殺する。半年後、ユイチンは赤ん坊を出産し、シーシァオパーと名付けるのだった。

作品データ

原題 Samsara 輪回
製作年 1988年
製作国 中国
配給 徳間コミュニケーションズ=東光徳間
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

キャスト

シーパー レイ・ハン
ユイチン タン・ツァオイェン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/20更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 輪廻(1988)