TOP > 上映中の映画作品を探す > クロイツェル・ソナタ(1987)

レオ・N・トルストイが1889年に発表した同名小説の映画化。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

夜汽車で中年の紳士ワシーリー・ボズドヌイシェフ(オレーグ・ヤンコフスキー)が相客(アレクサンドル・トロフィーモフ)に波乱の半生を語り始める。放蕩に明け暮れていた彼が30歳を越えて結婚したリーザ(イリーナ・セレズニョーワ)は没落地主の娘で、愛くるしい女性だった。5人の子供が生まれ、よそ目には優しい夫であり良き父親と写ったが、二人の間には深い溝ができていた。夫の旧友でパリ仕込みの伊達男、ヴァイオリニストのトルハチェフスキー(ドミトリー・ポクロフスキー)が邸に出入りするようになり、ある夜、トルハチェフスキーとリーザがデュエットで奏でるクロイツェル・ソナタを聴いた時、ワシーリーは妻への疑惑を抱いた。その後、怒りにかられたワシーリーは妻を刺す。息たえだえの妻を前に、彼は初めてこれまでの生活の無意味さを悟り、許しを乞うのだった。

作品データ

原題 ΚΡΕИИΕΡΟВАСΟΗАΤА
製作年 1987年
製作国 ソ連
配給 日本海映画
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

キャスト

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/18更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > クロイツェル・ソナタ(1987)