TOP > 上映中の映画作品を探す > ライン・ワン

グリップス・テアトル劇団で上映されたフォルカー・ルドウィヒ作のミュージカルを映画化したもの。ベルリンの地下鉄ライン・ワンを利用する客、乗務員が繰り広げる歌と踊り。分断されたその当時のドイツの現状、トルコ人労働者の問題などを風刺した内容になっている。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

少女サニーは、ロック歌手ジョニーを訪ねてベルリンにやって来た。ライン・ワンに乗り込み、車内、駅で様々なタイプの乗客に遭遇する。孤独で他に無関心な人々、ナチ高官の未亡人で贅沢に暮らしているおばさんたち、トルコ人、トルコ人を排除する男、少し頭の弱い女の子たち、自殺志願の少女、浮浪者たち、麻薬の売人、共産主義者……。そして、やっとのことでサニーはジョニーに再会したが、そのあまりの変わりように失望し、新たなる真実の愛に目覚めてゆく。

作品データ

原題 Linie 1
製作年 1988年
製作国 西ドイツ
配給 KUZUIエンタープライズ
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/30更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > ライン・ワン