TOP > 上映中の映画作品を探す > 傷つけるほど愛して

「ロボコップ」のピーター・ウェラーと、元ボンドガールのジェーン・シーモアが、狂おしいまでの激しく切ない愛を演じて見せるラブ・ロマンス。孤独な画家と富豪の妻が禁じられた愛に目覚め、悲劇的な結末へと導かれていく姿を描いている。監督は、メキシコ映画出身の俊英アントニオ・ドローヴ

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1940年代のブエノス・アイレス。画家のホアン・パブロ・カステル(ピーター・ウェラー)は、作品展の会場で富豪アレンデ(フェルナンド・レイ)の妻マリア・イリバルナ(ジェーン・シーモア)と運命的な出会いをし、その日から彼女に夢中になってしまう。しかし、彼女は人妻。カステルは彼女のことを忘れようとするが、そうすればするほど情熱が高まり、狂おしいまでの思いにさいなまれていく。カステルは激しく彼女に求愛し、マリアも次第に身を任せるかのように、互いの情熱の虜になっていった。しかし、関係が深くなるほどに、カステルはマリアの夫への嫉妬心が強くなっていき、マリアはカステルとの関係に不安定な何かを感じていくのだった。やがてカステルはマリアを永遠に自分のものにしたいと考えるようになり、ついに彼女をナイフで刺してしまった。カステルに抱かれるように崩れ落ちたマリアの顔には、カステルを深く思い、永遠にふたりの関係を続けていきたい、そんな安堵の表情が浮かんでいた。

作品データ

原題 El Tunel
製作年 1988年
製作国 スペイン
配給 ベストロン・ビデオ
上映時間 110
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/24更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 傷つけるほど愛して