TOP > 上映中の映画作品を探す > 沈黙の官能

ガエターノ・カルロ・チェッリの『フェルラモンティの遺産』の映画化。主演は、本作品でカンヌ映画祭主演女優賞を受賞したドミニク・サンダ。撮影は、「トラヴィアータ1985・椿姫」のエンニオ・グァルニエリ。音楽は、「1900年」「アンタッチャブル」のエンリオ・モリコーネ。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1800年代のローマ、金物商人の娘イレーネ・カレリ(ドミニク・サンダ)は金持ちに憧れ、ローマ屈指の金持ちといわれるフェルラモンティ一家にとりいろうとする。当主のグレゴリオ・フェルラモンティは、二人の息子、娘に不満で、商売を辞め彼らに金を渡した。次男のピッポ(ルイジ・プロイェッティ)はカレリ家から金物店を買うことにし、イレーネに恋し結婚する。彼女は長男マリオ(ファビオ・テスティ)、長女(アドリアーナ・アスティ)と仲良くなり、マリオに迫り関係を結ぶ。ピッポは深酒をするようになる。さらにイレーネは義父のグレゴリオまでも誘惑、義父は罪の意識にかられて死亡。マリオは投資の失敗で自殺し、酒と羞恥心と卑屈さに打ちまかされたピッポは廃人状態となり、イレーネが財産すべてを受け継ぐのだった。

作品データ

原題 L'eredita Ferramonti
製作年 1976年
製作国 イタリア
配給 アルバトロス・フィルム
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

キャスト

イレーネ・カレリ ドミニク・サンダ
グレゴリオ・フェルラモンティ アンソニー・クイン
ピッポ ルイジ・プロイェッティ
マリオ ファビオ・テスティ
テータ アドリアーナ・アスティ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/21更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 沈黙の官能