映画-Movie Walker > 作品を探す > ファニー 紫の血の女

憎しみと愛を背中合わせにして持つ男と女の壮絶な生きざまを描くアンドルー・マルタン原作のロマン・サスペンス。ヒロインのファニーを演ずるのはスペイン映画界きっての人気女優ファニー・コタンソン。彼女の虜になる警部ガレゴを「異邦人」「恐怖の報酬」などで渋い魅力を見せたフランスの俳優ブリュノ・クレメールが演じている。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ファニー(ファニー・コタンソン)は、3年前、警部ガレゴ(ブリュノ・クレメール)に銃器隠匿の罪で投獄された恋人のマヌエル(イアン・セラー)を脱獄させてやると言われ、その代わりに自分の情婦になり操作に協力しろと脅迫された。憎悪を燃え上がらせながらも、ファニーはなぜかガレゴの強引さに魅了され、密会を繰り返すうち自ら愛欲の餌食となったのだった。ガレゴの手引きでマヌエルは脱獄に成功するが、ファニーを独り占めしようとしたガレゴによって、結局マヌエルは撃ち殺されてしまった。そしてファニーは、昔なじみのジュリアン(フランシスコ・アルゴラ)とマヌエルの妹ニナ(ベルタ・カブレ)とともに、今は警備員をしているガレゴに復讐するため、現金輸送車を強奪した。金を山分けした後、ファニーはひとりで海岸のホテルへと向かった。ガレゴはジュリアンとニナを拷問してファニーの居所を聞き出すと、ふたりをなぶり殺し、ファニーの待つホテルへと急いだ。愛憎うずまくふたりが、かつての想い出のホテルで再会する。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Fanny Pelopaja
製作年 1984年
製作国 スペイン フランス
配給 JAVN=松竹富士
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ファニー 紫の血の女