TOP > 映画作品を探す > デカメロン夜話(1924)

ボッカチオの『デカメロン』の一挿話に基いたロバート・マックラフリン氏とボイル・ローレンス氏との合作舞台劇を「チューチンチョウ」「南方の恋」等と同じくハーバート・ウィルコックス氏が脚色並びに監督したもので主役は「女性の敵」「歩み疲れて」等出演のライオネル・バリモア氏で、「裏町の怪老窟」「真夏の夜の夢(1925)」等出演のヴェルナー・クラウス氏、「ジーグフリード」「死滅の谷」等出演ベルンハルト・ゲツケ氏、「愛国の軍使」等出演のアイヴィー・デューク嬢、「コーカサスの春」「スワリン姫」等出演のクセニア・デスニ嬢、「南方の恋」等出演のランドル・エアトン氏及びゲオルク・ヨーン氏、アルバート・シュタインリュック氏等が出演している。無声。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

回教国のソルダン王とアルガルヴの王とは、同盟してキリスト教国に当たる事になった。そのために、ソルダンの子サラジンと、アルガルヴの王女アラチエル姫は結婚することになり、サラジンは姫を迎えに赴いた。一方、キリスト王国のヴェニスでは、この報に驚き、十字軍を編成して征討することになった。十字軍士トレロは、貞淑な妻テオドラに、お守りの十字架を与えて出征た。十字軍士リシアルドは、ヴィオランチと浮気な別れをした。ところが、暴風雨のため十字軍は聖ドメニコ寺院に避難し、そこでトレロとリシアルドは貞操論を戦わせ、結局リシアルドはテオドラの十字架を取ってみせると広言した。そこへサラジンの一行が避難し、さらに暴風のためすべての記憶を失った婦人を救い込んだ。そうして彼女は、リシアルドに伴われてヴェニスに赴いた。サラジンは、十字軍襲来の報を告げるために帰国した。リシアルドは計略を以ってテオドラ十字架を盗んだ。十字軍はサラジンに計られ捕虜となる。牢獄で妻が十字架を失った夢をみて、トレロはその由をヴェニスのドージに知らせ、処罰を乞うたが、神は彼女の潔白を証した。一方、サラジンと姫との結婚は、サラジンが不思議な女を恋したので破壊された。彼女をリシアルドの毒手から救って、サラジンはその結婚の許しを乞うたが、ソルダンは同盟の破れるのを恐れてサラジンを殺した。しかし、その女こそ姫と判明して、アラーの神は二人を蘇らせた。

作品データ

原題 Decameron Nights
製作年 1924年
製作国 イギリス
配給 UA
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/9更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > デカメロン夜話(1924)