映画-Movie Walker > 作品を探す > スターダスト(1990)

年上の女性に恋した少年のひと夏を、叙情豊かなアイルランドの風景を織りなして描いた物語。監督は「俺たちは天使じゃない」のあと凱旋帰国したニール・ジョーダン、製作はスティーブン・ウーリーとレドモンド・モリス、撮影は「危険な関係」のフィリップ・ルスロ、音楽はアン・ダッドリーが担当。出演はビヴァリー・ダンジェロドナル・マッキャンほか。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

アイルランド、ダブリン近郊のひなびた海辺の町。パブのジャズバンドでサックスを吹いている父と2人暮らしのジミーは、恋人というよりは兄妹のようなローズと共に退屈な夏休みを過ごしながら、“この夏は何かすごい体験をしよう”と約束する。ある朝、この街にはにつかわしくないほどの美女・ラネイが駅におりたった。ジミーもローズも興味津々で、やがて何かとちょっかいを出すうち、ジミーはラネイに恋してしまい、彼女の後を追いかけ回すが、そのうち彼女がダブリンにやってきた小さな劇場の主演女優だとわかる。ローズも同じ頃、サーカス一座の象使いの青年とつきあい始めた。ジミーのラネイへの想いはますます募り、昼も夜も彼女のところへ押しかけるが、ラネイは彼を嫌ってもいないが愛を受け入れるふうでもない。そんなジミーを父・サムはしきりに気にし、干渉してくる。サムもラネイと知り合いらしく、パブの片隅で話し込んでいたりする。やがて父はもうラネイとつき合うなと言い、ラネイもジムにもう会いたくないという。怒りと酔いにまかせてラネイを家に連れ込むが、言い争いとなり、ラネイの置き忘れていったバッグの中の写真から、ジムは重大な秘密を知る。ラネイは、死んでしまったと聞かされていたサムの母親たったのだ。やがて劇団は街を離れる日が来て、ラネイも去っていく。そしてサムも父もそこに残り、また同じ毎日が始まるのだった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 The Miracle
製作年 1990年
製作国 イギリス
配給 ヘラルド・エース=日本ヘラルド映画
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > スターダスト(1990)