TOP > 映画作品を探す > モーツァルト/青春の日々

若き日のモーツァルトが友情と初恋に出会い、瑞々しい感性を身につけて行く姿をノスタルジックに描く青春ドラマ。17世紀、サロンとして芸術家たちで賑わったヴィテ・アルベルガッティという古城で撮影された。作中、モーツァルトのピアノ曲第12番ヘ長調(K332)が挿入されている。製作はアントニオ・アヴァティ、監督は「追憶の旅」のプピ・アヴァティ。脚本はプピ・アヴァティと弟のアントニオ・アヴァティ、撮影はパスクァーレ・ラキーニ、音楽はリズ・オルトラーニが担当。出演はリノ・カポリッキオ、映画初出演のクリストファー・デイヴィッドソンほか。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

一九七〇年夏、アカデミア・フィラルモニカ(楽友協会)の試験準備のため、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(クリストファー・デイヴィッドソン)は父レオポルド(リノ・カポリッキオ)と共にパラヴィチーニ伯爵(カルロ・デッレ・ピアーネ)の別荘を訪れる。14歳のモーツァルトは伯爵に試験に有利な口添えをしてもらうため、伯爵の息子ジュゼッペ(グリオ・パリジーニ)と仲よくするようにと父から言い渡される。しかし何かとジュゼッペはモーツァルトを目の敵にし、悪童達と組み袋だたきにする。その上伯爵夫人、言動異常で幽閉されている彼女のいとこジョバンニ、妻が病弱で余命幾ばくもなくジョバンニと不倫の関係であると思い込んでいる伯爵(実は自分の方が危ない)などに囲まれ、練習もままならない。ある日、森向こうの家のおばあさんが亡くなり、揃って弔問に出掛ける。そこでモーツァルトとジョバンニは祖母に死なれ、一人きりになった美しい少女レダ(バルバラ・レベスキーニ)と出会う。二人はレダに淡い恋心を抱き、彼女を介して次第に警戒を解いていく。三人はふざけ合い、心ときめかせ、木漏れ日おちる森の散歩を楽しんだり、レダを真ん中にベッドで眠ったりして時を過ごした。それはモーツァルトの抑圧された生活に少年らしい潤いを与え、彼はその平凡な生活に至福の喜びを覚えるのだった。森、水、妖精、雲、夜、月、星--別離。モーツァルトはこの生活を守るため、試験にわざと失敗しようとするが、知り合いの試験官の神父によって答案を直され、合格。別荘を離れることになる。モーツァルトは一人森にこもり、かなわぬ生活にささやかな抵抗をする。しかし森から帰ると一つの曲(ピアノ曲第12番ヘ長調K332)をレダのために奏で、作曲者として大人として都会の生活に戻って行く。

作品データ

原題 Noi Tre
製作年 1984年
製作国 イタリア
配給 松竹富士
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/12更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > モーツァルト/青春の日々