TOP > 上映中の映画作品を探す > ルーバ

第二次大戦下のロッテルダムの娼館を舞台に、秘密警察に追われる作家と娼婦の過ごす一夜を幻想的なタッチで描いた異色作。製作はキース・カサンダーデニス・ウィグマン、監督・脚本はアルゼンチン出身のアレハンドロ・アグレスティ、撮影はミゲル・ロドリゲス、音楽はパウル・M・ファン・ブルッゲが担当。出演はエリオ・マルキボゼナ・ラソタほか。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1941年、ロッテルダム。理想主義に燃える若き作家、ロベルト(エリオ・マルキ)が秘密警察に追われ逃げ込んだ先は豪華な娼館だった。経営者の老女(ヴィヴェカ・リンドフォース)は自らもかつては大学教授を務め、理想主義に燃えていたと語る。ロベルトはそこでルーバ(ボゼナ・ラソタ)という名の魅惑的な娼婦と出会う。しかし疲れ切った彼には彼女に手を伸ばすことは不可能だった。誇りを傷つけられて怒るルーバ。しかし二人はタンゴの調べにのって踊り出す隣人たちの醸し出す不思議な娼館の雰囲気の中で、一夜を過ごすうちに、互いに魅かれ合うようになっていく。夜が明けるころには二人は、手をとってこの娼館から、そしてロッテルダムから旅立つ決意を固めていたが、そこへ秘密警察が現れる。しかし白人と黒人の二人組の彼らがどたん場になって仲間割れを起こした結果ロベルトとルーバは逃げのびることができたのだった。

作品データ

原題 Luba
製作年 1990年
製作国 オランダ
配給 ヘラルド・エース=日本ヘラルド映画
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/26更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > ルーバ